Apple

【iPad miniから】7台ものiPadを使ってきた私のおすすめiPadアプリたち【iPad Proまで】

iPadオススメアプリ

今までに7台ものiPadを使ってきた私が、使いやすい便利と思えたアプリたちをご紹介したいと思います。
※mini、Air2、Pro9.7’、Pro12.9’2nd、mini4、Pro12.9’3rd、mini5th

この記事は管理人の気まぐれによって随時更新されるため、以前と異なる意見やアプリを紹介している可能性もありますのでご承知おきください。【2019年12月1日追記あり

さらに、写真・gif多め長文記事になります。ブックマーク推奨です!

今回は無料アプリ、有料アプリ どちらも紹介しています。
ダウンロードする際には、よく値段を確認してからのダウンロードをお願いします。

手書き・書類関係アプリ

まず初めに、書類に関するアプリをご紹介します。

Goodnotes 5

Goodnotes 5

手書きアプリといえばこれ。間違いない。

Goodnotes 5という名前からも分かるとおり、長い歴史を持つアプリです。
それゆえ、使いやすさは素晴らしいものになっています。

有料アプリランキングでは常に上位に君臨。
Goodnotes 5があれば紙のノートはいらないな・・・と思ってしまいます。

ノートはフォルダごとにまとめることができます。
goodnotes1

ノートの表紙も豊富です。
goodnotes2

罫線の種類も豊富。
goodnotes3

最後のページを左にスワイプすると同じ背景のページが追加されます。
さらに、右上の+ボタンから違う種類のページを追加することや、書類をスキャンして追加することも可能。スキャンした書類にも手書きが可能です。
goodnotes4

ノートには画像も追加でき、サイズ変更やトリミング、画像上に書き込みもできます。
Goodnotes5-2

PDF Expert

PDF ExpertPDFの編集だったらこのソフトです。

PDFのページ並び替え複数のPDFの結合リンク編集文字の編集までできてしまいます。
zipファイルの解凍もできるので、このアプリさえあればPDF書類関係はほぼなんとかなります。
PDFExpert

私はこのアプリで自作PDFを作成し、Goodnotes 5のテンプレートとして使っています。(PDFにページ内リンクを設定することで便利になります)

以前は、ズレや遅延がひどかったため、PDF Expertで手書きをすることはありませんでしたが、最近のアップデートで手書き精度が大幅に向上しました。

しかも、書類の管理機能も優れており、様々なクラウドサービスにも対応、iPad内のデータもフォルダごとに整理もできます。

PDF Expert 対応クラウドサービス一覧PDF Expert フォルダ管理

保護機能も非常に強力です。
アプリ起動時にTouchIDFaceIDが設定可能、さらにファイルごとにパスコードも設定可能です。パスコード設定されたファイルは暗号化されて保存されます。

したがって、PDFデータに書き込みを行うことが多い方にもオススメできます!

Adobe Scan

Adobe Scan

続いては、カメラや写真からPDFを作成するアプリ、Adobe Scanのご紹介です。

たった1枚の書類や、雑誌などスキャナーでスキャンできないものをPDF化したい場合にはこちらのアプリがオススメです。

アプリを起動すると、カメラが起動します。カメラの画角内に書類を置くと、自動的に認識し、シャッターを切ってくれます。(手動シャッターも可能)
Adobe Scan2

撮影時には「ホワイトボード」「フォーム」「文書」「名刺」の4つから書類のタイプを選択することができます。
AdobeScan4

複数枚にわたって写真を撮影することができ、1つのPDFファイルとして出力できます。
すべて撮影したら右下の写真マークをタップ。すると、撮影した写真を編集することができますので、トリミング色の補正などを行います。
AdobeScan3

そして、右上の「PDFを保存」をタップすると、アプリ内に保存されます。

この時、自動的にテキスト認識がされるので、他のPDFリーダーアプリに取り込むことでテキスト化することもできます。

その後、「Books」や「Goodnotes 5」などのアプリに共有して使います。

純正メモアプリやGoodnotes5にも書類スキャン機能がありますが、補正機能・テキスト認識・複数ページのPDF出力など、圧倒的にこちらのアプリが優れていますので、お試しあれ。

ThinkSpace

Think Space

続いては、マインドマップアプリのThinkSpaceです。

マインドマップアプリではMindNodeというアプリが有名で、Mac版もありますね。

しかし、iPadで作成することを考えると、こちらのThinkSpaceの方が操作性が良かったのでご紹介します。

以下のようなマインドマップが作成できます。
ThinkSpace1作成方法も直感的で、とても操作しやすいです。
ThinkSpace

さらに、白紙からのスタートだけでなく様々なテンプレートも存在します。

ThinkSpace4

月200円のオプションもありますが、基本的には無料で使用できます!

写真編集系アプリ

続いて、写真に関係するアプリをご紹介します。

AffinityPhoto

Affinity PhotoiPad版のPhotoshopがリリースされましたが、月額1000円以上を払い続けなくてはなりません。

このAffinityPhotoは買い切りでありながらも、iPad版Photoshopに匹敵する機能を持っています。機能が多すぎて、正直使いこなせません(><)
AffinityPhoto
レイヤーはもちろん、ブラシツール、RAWデータの現像などなど…

この値段でここまでできるのかというアプリです。

写真データをよく編集される方には最高のアプリではないでしょうか。

Phonto

Phonto

このアプリは、簡単にお洒落な文字入り写真を作成することができるアプリです。

ただ文字を挿入するだけでなく、文字に遠近感を持たせたり、対象物の後ろに文字があるように加工することができます。以下のgifを見ていただくとわかりやすいかと思います。

Phonto

さらに、画像を取り込む際には数十種類のフィルターを選ぶこともできます。
Phonto2

SNSに載せる写真を手軽にカッコよく編集したい方にオススメです。

ImgPlay

ImgPlayこのアプリは動画をgifに変換できるアプリです。
Twitterなどで、動画ではないのに動く写真がありますよね。それがgifです。

このブログに貼ってあるgifは全てImgPlayで作成しています。

動画は長くても30秒程度までしか変換できません。
フレームレートを落とすことで、より長い時間のgifが作成できます。
ImgPlay1ImgPlay2出力時の画質、ループ回数も選べます。このほかに○MBまでで最大画質で出力、なんてこともできます。

実は、動画以外にもいくつかの写真を合成してgifにしたり、iPhoneのLivePhotosをgifにすることもできます。

モザイク

モザイクSNSへ写真投稿する際に、みられたくない部分が写ってしまったりすることありますよね。
ステッカーなどで隠すことができればいいのですが、範囲が大きい場合にはステッカーでは対処しきれません。

そこで、このモザイクアプリが有効です。
モザイクの種類も多く、強さも好みで選べます。
モザイクが強すぎても不自然なので、この点はとても助かります。

以下、実際に使用してみた様子です。右下の飲み物にモザイクをかけていきます。
モザイクアプリ

PicCollage

Pic CollagePicCollageは複数枚の写真をオシャレに、1枚にまとめることのできるアプリです。
壁紙作成などで使用しますが、SNSに投稿する写真の編集にもいいかもしれません。

PicCollageレイアウトはあらかじめパターンが用意されていますが、自由に配置することもできます。
背景色も変更でき、有料登録するとさらに多様な壁紙やスタンプなどが使用可能になります。



イラスト制作系アプリ

続いて、iPadとApplePencilを持っているなら使ってみたい、イラスト制作系アプリです。

Graphic

Graphic

GraphicはiPad版Illustratorのようなアプリです。

こちらも買い切りアプリです。本家Illustratorには劣りますが、ちょっとしたイラストであれば問題なく作成することができます。
Graphic

以下のようなイラストがサクッと作成できてしまいます。
Graphic1出力形式は以下のように様々な形式に対応しているのも嬉しいポイント。
Graphic2

Procreate

ProcreateProcreateはドロワーアプリです。
様々なブラシツールで自由自在に描くことができます。
Procreate

Procreate1

指でぼかしを入れるなど、アナログに近い使い方もできる上にレイヤーを用いることもできます。
ジェスチャー登録もユーザーの好みに設定できるため、とても使いやすいアプリです。

カレンダー系アプリ

続いて、カレンダーアプリを5つご紹介します。

WidgetCal

WidgetCalまず初めにおすすめしたいのはWidgetCalというアプリです。

このアプリはアプリを開いてカレンダーを見るという使い方ではなく、ウィジェットにカレンダーを表示させるためのアプリです。
WidgetCaliPadOSがリリースされ、ホーム画面にウィジェットが常駐させられるようになったのでより便利になりました。

ホーム画面を開くことで月表示のカレンダーを見ることができます。
画像では予定が表示されていませんが、本来は写真にある祝日のように予定が表示されます。

また、純正リマインダーと連携してカレンダーに表示させることも可能です。
さらに、リマインダーも どのリストを表示するのかを選択できるのでありがたいです。

リマインダーを表示できるカレンダーアプリは数多くありますが、リマインダーのリストを選択できるカレンダーはほぼありません。
見られたくないToDoリストは隠すことができるということになります。

Plannner

Planner続いては、手書きカレンダーアプリPlannerです。

こちらのアプリは日本の方が開発された手書きカレンダーで、ApplePencilに完全対応しています。純正カレンダーと同期することもできます。

Planner1

月表示、週表示、レフト週表示、日表示が選択できます。

Planner2
週表示
Planner3
レフト週表示
Planner4日表示

それぞれの表示形式で独立したページとなっています。手書きだけではなく、スタンプやマスキングテープ、付箋、ToDoリストなどもあります。

Planner5

スタンプはあらかじめ様々な種類があり、カラーも24色から選べます。
Planner8
さらに、有料スタンプも販売されています。

もちろん、マスキングテープや付箋紙などもたくさん。
Planner6Planner7このアプリの開発者さんは、レビューを細かく読んで真摯に対応してくださるところもオススメする理由の一つです。

日々アプリが改良されており、今後の進化が楽しみです。

Awesome Note

Awesome Note 2
3つ目はAwesome Noteです。

AwesomeNote1

このアプリはリマインダーとカレンダーが一緒に表示でき、UIも使いやすいため長年愛用しています。

AwesomeNote4新規で追加したい日付のマスを長押しすることで、メニューが表示されすぐに作成したいものが作成できます。イベント(予定)やリマインダーは純正アプリに同期されます。

Noteという名前ですので、カレンダーだけのアプリではありません。
日記ToDo記念日などのノート作成もできます。
日記を書きたい人にはぜひ使用してほしいアプリです。
AwesomeNote3ノートには、位置情報写真手書きメモ音声天気を追加することができます。
ToDoや記念日ノートはアラームをセットすることもできます。

AwesomeNote2ノート(日記など)はフォルダーごとに分けることができます。
フォルダーは、色、アイコンなどを好きなものに変更できます。
AwesomeNote6AwesomeNote5
また、このアプリにはパスワードを設定することができるため、日記などを書いている人にも安心して使ってもらえると思います。(TouchID、FaceID対応)

私は基本的にカレンダーしか使っていませんが、カレンダーアプリとしても使いやすいアプリです。ただし、週表示、日表示ができないのが欠点かもしれません。

Calendars by Readdle

Calendars次にCalendarsというアプリをご紹介します。

このアプリはPDF Expertを作成した会社と同じ会社(Readdle)のアプリです。

Calenders

このアプリも純正カレンダー、リマインダーを一緒に表示できます。(Googleカレンダーにも対応)

また、週表示、日表示にも対応。iOS13のダークモードにも対応しています。

このアプリの特徴は、「明日の午後1時からテスト」のように記入すると、予定日時が自動的に登録されるという謳い文句ですが、日本語には非対応です。

しかし、予定を通知させる時の設定が細かいので、予定がびっしりという人にオススメです。
Calenders3分単位のカスタムができます。さらに、何回か通知させることもできます。
メールでの通知も可能。

FirstSeed Calendar

FirstSeed Calendar

最後にFirstSeed Calendarというカレンダーアプリをご紹介します。

最近インストールしたアプリですが、私が今まで使ってきた中では一番使いやすかったです。

別記事にて細かく書かせていただきましたのでそちらをご覧ください。

 




便利ツール系アプリ

お次は、あると便利なツール系アプリをご紹介します。

Calzy

CalzyiPadにはいまだに計算機アプリがありません。

意外とiPadでも計算したいことがあります。特に仕事でiPadを使っている方は多いのではないでしょうか。

そこで、数ある計算機アプリの中からCalzyというアプリをご紹介します。

このCalzyの一番の魅力がウィジェットに登録すると、ウィジェットのまま計算ができるという点です。
Calzy1SplitView、SlideOverにも対応しているため、他のアプリと同時に使用できます。
Calzy2関数電卓機能もありますよ!
Calzy3そして、計算は履歴が残り、式も再使用することができます。(iCloud対応)
Calzy4計算式はテキストとして他のアプリなどに共有することもできます。

このCalzyは一度購入するとiPadだけでなく、iPhone、AppleWatchでも使用できるのが良心的。

おすすめApple Watchアプリ
【2019年版】Apple Watchおすすめアプリ11選【Series5対応】【2019年11月27日更新】 AppleWatchを4年使ってきた筆者が、厳選した本当に使えるAppleWatch用アプリをご紹介し...

Microsoft 翻訳 (Translator)

Microsoft 翻訳続いては、Safariで見ているページを翻訳してくれる拡張機能アプリ、Microsoft 翻訳です。

Apple製品の情報などを調べていると、最新情報は外国語であることが多いのでとても重宝しています。

アプリインストール後、Safariで外国語のページを開いたら右上の共有ボタンを押します。
その後、下にスクロールしていくとTranslatorというボタンがあるのでタップします。
Translatorすると、翻訳が始まります。ややおかしな日本語になってしまいますが・・・笑
Translator2さらに、このアプリはカメラでとった写真を瞬時に翻訳する機能もあります。
Translator3

テキストを翻訳する機能も もちろんあります。
Translator4Translator5

2枚目にある国を筆頭に、63か国語に対応しています。

みんなの筆王

みんなの筆王最後は、年末の一仕事”年賀状”作りに関するアプリです。

こちらは別記事で細かく紹介していますので、そちらをご覧いただければと思います!

iPhone、iPadで年賀状を作ろう
【2020年】年賀状はiPhone、iPadで作っちゃおう!【みんなの筆王】今年も残すところ、あと45日ほどです。 毎年やってくる年末年始。おいしいものを食べたり、お出かけしたり、買い物したりと楽しみなこと...

 

以上、現在オススメしたいiPadアプリたちでした!

最後までお付き合いありがとうございました!
アプリは日々進歩していますので、この記事も進歩させていきたいと思っています。
また、思い出した時に来ていただけたら、新たなアプリをご紹介できているかなと思います!