Apple

【iPad活用】iPadをデジタル教科書にしよう【勉強術】

iPadデジタル教科書化
この記事のターゲット

iPadをもっと便利に使う方法はないの?とお考えの先生
毎日大量の教科書を持ち歩くの大変だなぁと思っている学生さん

今回は、iPadに教科書を取り込み、「デジタル教科書」の代わりに活用する方法をご紹介します!

はじめに

この方法は著作権法と大きく関わるものになります。
私が調べた限りでのことをお伝えさせていただきます。
この方法を使われる際は自己責任でよろしくお願いいたします。

ご自身の学校で採用している教科書を校内で使用する分には問題ないが、公開授業などで他校の先生が来る時の授業研究会で見せるのはNG

スキャンしたデータを共有するのはNG

などの法律上の注意点があるようです。
(某教育委員会指導主事より)

同様に、学生の方も友人にデータをあげる、SNSに画像をあげるなどの行為は違法となりますので十分注意してください。

iPadにデジタル教科書は入らない!?

ほとんどの教科書会社がデジタル教科書を販売していますが、ほとんどWindowsにしか対応していません。
したがってiPadで教科書会社のデジタル教科書を使うことはほぼ不可能です。

ならば自分でデジタル教科書の代わりを作ってしまえ!というのが私の考えです。

しかし、私はデジタル教科書よりもiPadでPDFの教科書を扱う方が圧倒的に使いやすく便利だと思います。

まずは方法をざっくりと説明します。

概要

iPadにPDFが編集可能な手書きアプリを入れます。
そこに教科書をPDF化して取り込みます。

これだけ見ると簡単ですね!笑

必要なもの

以上のことをするために、いくつか必要なものがありますので一つずつ紹介していきます。
スポンサーリンク

教科書は分厚いため、カッターで切ることはできないと思いますので、裁断機で切ることになります。

おそらくどの学校にもあると思いますので、そちらを使ってください。

もし職場にない場合は、以下の裁断機がオススメです。
高価なものですが、教科書以外にも書籍の自炊に使えるので検討してみてください。

もしくは、裁断機のレンタルサービスもおすすめです。

スキャナー

教科書は100ページ以上あるものもあり、コピー機からPDF化するのは大変です。
写真を撮ってPDFにするアプリもありますが、考えるのも嫌になりますね。

そこで、高速に両面をスキャンできるスキャナーがあると良いでしょう。
学校に あらかじめある場合もありますので、チェックしてみてください。

スキャナーは大体4万円前後で購入できます。
もし購入される場合は、無線接続でiPadに直接保存できるモデルを選びましょう。下の商品は一例です。
どちらもiPad用のアプリがあるためスムーズにスキャンができます。

自炊代行サービスというものもありますが、最高裁で違法とされた事例もあるので、スキャナーのレンタルサービスをおすすめします。
裁断機もレンタルできます。

手書きアプリ

教科書のPDFを取り込むアプリが必要となります。

iPadには純正でPDFを読み込める「Books」というアプリがインストールされています。
こちらのアプリでも十分使えるかと思います。

しかし、授業中に教科書に細かいメモをしたり、写真を貼り付けたりすることができるとより効果的に使えるようになります。

そこで、有料ではあるものの「Goodnotes5」や「Notability」などの手書きアプリをインストールすることをおすすめします。

GoodNotes 5

GoodNotes 5

¥980posted withアプリーチ

Goodnotes 5は圧倒的な書き味が魅力です。
私は以前のGoodnotes 4から愛用しています。

Notability

Notability

¥1,100posted withアプリーチ

Notabilityは音声録音ができるところが魅力です。
授業の音声を録音しておけば、聞き逃すということがなくなりますね。

教科書のPDF化

では、実際に教科書をPDFにする方法をみていきましょう。

1.裁断

まずは教科書を裁断しましょう。
必ず本屋さんで自分用の教科書を買ってくださいね。

教科書の背表紙は糊付けされています。パラパラとめくってどの辺まで糊がついているか確認しましょう。
おおよそ目安をつけたら裁断機で切っていきます。
裁断後の教科書はい、切れました。
中にはうまく切れていなかったり、折り込んであるページもありますのでスキャン前に確認しましょう。

もし、折込ページがあった場合にはカッターで切り、1枚ずつスキャンしましょう。

2.スキャン

私はEPSONDS-570Wを使っています。
このスキャナーはiPadと直接Wi-Fi接続することで、Wi-Fi環境なし・有線接続なしで読み取りができる優れものです。

スキャナーに先ほど裁断した教科書をセットします。
奥から読み込むため セットはこの向きになります。
スキャナーに教科書をセット

iPadでEPSONの「DocumentScan」というアプリをインストールして開きます。
DocumentScan1そして「スキャン」を選択すると、以下のようにスキャンの設定をすることができます。
DocumentScan2PC版のソフトウェアではさらに詳細な設定ができます。
設定後、右下のスキャンを押すとスキャナーがスキャンを開始します。

ページ数が多くて1度にスキャンできなくても、続きからスキャンできます。

すべて終了したら、データはアプリ内に保存されます。
DocumentScan3

PDFを手書きアプリに取り込む

スキャンアプリに保存されているPDFデータを選択します。
DocumentScan4そして、右上の共有ボタンから共有先を選択します。

私の場合、共有先はGoodnotesです。

するとGoodnotesが開きますので、新規書類として追加するか、他のノートの一部として取り込むか選択して終了です。

教員向け:デジタル教科書の使い方

実際には、授業中に見てほしい部分をテレビやスクリーンに映したり、解説をする時に書き込みながら解説をするといった使い方ができます。
Goodnotes5-1

写真を追加して、写真に書き込むこともできます。

Goodnotes5-2

さらに、iPadのSplitView機能を用いて、左側にPDFの教科書、右側に手書きノートアプリ(Goodnotesなど)を開くことで教材研究にも使えます。
Goodnotes5SplitView

iPadをテレビやプロジェクターに繋ぐ方法については以下の記事をご覧ください。

Digital_AVアダプタ接続する方法
【ミラーリング】iPhoneをHDMIでテレビに接続する方法と必要なもの【Netflix対応】iPhoneでYouTubeやNetflix、AmazonPrimeVideoなどを観ている方も多いのではないでしょうか。しかし、iPh...
教員におすすめiPad活用法
【仕事効率化】教員におすすめiPad活用術!学校の業務は多岐にわたり、書類の数も膨大です。 いかに効率的に仕事をこなすかが残業を減らす大きな鍵になります。 今回はiPadを使った...

学生向け:デジタル教科書の使い方

教科書のPDFデータを手書きアプリに読み込むことができたら、実際に使い方をみていきましょう。

iPadOS13からは同じアプリを2つ開くことができるので、SplitViewで左側に教科書を、右側にノートを開きましょう。
Splitview

こうすることで、教科書を見ながらノートをとることができます。
板書を写真に撮り、ノートに貼り付けるのも簡単にできます。

もちろん、教科書へのメモもできます。

以上、iPadをデジタル教科書にする方法でした。