fbpx
Apple Watch

Apple Watchの文字盤をエルメスやカルティエなどに変える方法

ClockologyThumbnail

今回の記事はコンプリケーションではなく、文字盤そのものを変えてしまう方法です。

この方法を使うことで、エルメスモデルを買わなくてもエルメスの文字盤にすることもできます
さらにはカルティエやロレックス、CASIOなどのブランドの文字盤にすることも可能です。

アプリのインストールから文字盤の設定まで丁寧に解説しますので、是非お試しください!

AppleWatchおすすめ文字盤カスタマイズ
【2021年】Apple Watchおすすめ文字盤カスタマイズ【Series 6対応】現在のAppleWatchには全41種類の文字盤が用意されています。(Series4以降) その中でも、AppleWatchを5年...

使用するアプリはClockology

今回、AppleWatchの文字盤を変えるために使うアプリは「ClockOlogy」というアプリです

Clockologyは好きな画像から文字盤を作ることのできるアプリですが、ただ単に写真文字盤を作れるだけではありません。

Clockologyのメリット

動画も文字盤に設定できる
秒針もカスタマイズ可能
ヘルスケア情報を表示可能
システム情報を表示可能
文字盤の共有可能

動画も文字盤に設定でき秒針のカスタムなどもできるので、動きのあるアナログ時計を模した文字盤なども作ることができます。
ClockologyHUBLOTまた、ヘルスケアやシステム情報を使用することで、心拍数や歩数、バッテリー残量なども表示できます。
ClockologyCASIO

それでは、ここからは使い方の説明となります。

Clockologyをインストール

まずは「Clockology」をインストールしましょう。
ダウンロードも利用も無料でできます。

Clockology

Clockology

Clockology, LLC無料posted withアプリーチ

iPhoneにアプリをインストールしたら、AppleWatchにもインストールする必要があります。

iPhoneのWatchアプリを開き、インストールしましょう。Clockologyinstalltowatch

Clockologyの設定

iPhoneのClockologyを開くと、チュートリアルやヘルスケア、位置情報などの情報へのアクセス許可を求める画面が表示されます。

全て許可を選択すると、ホーム画面になります。

ホーム画面では、AppleWatchの文字盤を管理することができますが、はじめは「_EnableBeta.clock」という文字盤のみだと思います。

【追記】
アップデートでBeta文字盤がなくなってしまったので以下のボタンからダウンロードできるようにしておきます。

まずは、この「_EnableBeta.clock」をタップしてください。
ClockologyiPhoneすると以下のような画面になるので、今度はAppleWatchでClockologyを開きます。ClockoologyiPhone2すると、iPhoneとAppleWatchの画面が切り替わり、設定が完了します。ClockologySettingEnd

Beta文字盤をうまく同期できない場合はアプリを終了し、Apple WatchとiPhoneを再起動してから再度試してみてください。

文字盤データをダウンロードする

このアプリでは、一から文字盤を作成することができるのですが、エルメスの文字盤などを作成するのは大変です。

そこで、すでにこのアプリで文字盤を作成した人からデータをもらいます。

おすすめは、FacebookのClockology Fansというグループです。

ここでは世界中でこのアプリを使っている人が文字盤を共有し合っています。

参加申請をして許可されたら、グループの写真一覧から好きな文字盤を探しましょう。
(検索することも可能です)

多くの場合、dropboxなどで共有してくれているのでデータをダウンロードします。
(ウイルスの可能性も0ではないので自己責任でお願いします)ClockologydownloadFacebookアプリではうまくダウンロードできない場合があるので、ブラウウザアプリからのダウンロードをおすすめします。

ダウンロードが完了し、ファイルを選択すると自動でClockologyに取り込まれると思います。

AppleWatchに文字盤を転送する

文字盤データをダウンロードできたら、iPhoneからAppleWatchへ転送(同期)します。

AppleWatchに送りたい文字盤を長押しして、「同期を見る」をタップしましょう。Clockologysyncすると、「同期」ボタンが出るので中央部の「時計を交換しますか?」をチェックしてから同期しましょう。
(このときAppleWatchのClockologyを開いておきましょう)

これで、文字盤をAppleWatchに転送できました。

あとはAppleWatchでClockologyを開けば、転送した文字盤に変わっています。

AppleWatchの設定

ここで理解した方もいると思いますが、純正の文字盤と違ってClockologyを開いているときにだけ文字盤を変えることができます。

したがって、アプリが閉じてしまうといつもの文字盤に戻ってしまうのです。

そこで、AppleWatchの「設定」から「一般」「画面のスリープ解除」で設定を変更します。

ここを「1時間後」に設定することで、画面オフにしても1時間はアプリが閉じなくなりますApplewatchsleepsettingただし、Series 5以降の常時オンディスプレイには対応していません
Clockologyalwaysdisplayon以上でClockologyの基本的な使い方の解説は終了です。

おすすめ文字盤

最後に、Clockology Fansで見つけた文字盤をいくつかご紹介します。

ダウンロードは自己責任でお願いします。

Hermes

Clockologyhermes

Cartier

Clockologycartier

CASIO

ClockologyCASIO2

以下のケースを合わせると、まさにG-SHOCKに。

AppleWatchおすすめ文字盤カスタマイズ
【2021年】Apple Watchおすすめ文字盤カスタマイズ【Series 6対応】現在のAppleWatchには全41種類の文字盤が用意されています。(Series4以降) その中でも、AppleWatchを5年...