iPad

【iPad用手書きカレンダー】Pencil Plannerを詳細レビュー【Planner for iPadと比較】

皆さんはスケジュール管理をどのようにされているでしょうか。

スケジュール帳は手書きで自由なスケジュール管理ができ、アプリでは通知がきたり地図情報を添付したりできて、お互いに良い点がありますよね。

そこで今回は、iPadのアプリ「Pencil Planner & Calendar Pro」という、手書きにも対応したカレンダーアプリをご紹介したいと思います。

動画引用元:Pencil Planner公式サイト

iPadでスケジュールを手書き管理したい」と考えていた方にぴったりのアプリです。

以前から話題の手書きカレンダーアプリ「Planner for iPad」との比較も行いますので、ぜひ最後までご覧ください!

iPadCalendarBest5
【2022年】iPadおすすめカレンダーアプリ【ベスト5】iPadはiPhoneよりも画面が大きいことにより、より生産的・効率的な作業が可能です。 その中でも、カレンダーアプリはこだわってほし...

Pencil Planner & Calendar Proの特徴・使い方

まずは、Pencil Planner & Calendar Proの特徴をまとめていきたいと思います。

Pencil Planner & Calendar Pro

Pencil Planner & Calendar Pro

デジタルと手書きの融合

PencilPlanner Monthly一見、普通のカレンダーアプリですが、下の画像のようにApple Pencilを使って手書きで書き込むことができるようになっています。PencilPlanner Monthly ApplePencilPencil Planner & Calendar Proは、純正の描画ツールに対応しています。

はっしゅ
はっしゅ
カレンダーは拡大できるので、書き込みやすい!

純正の描画ツール(Pencil Kit)なので、手書きで入力した文字をテキスト認識して、コピペすることができます。PencilPlanner TextRecognize


手書きに特化したさまざまな形式

Pencil Planner & Calendar Proは、日表示週表示月表示年表示に対応していますが、手書きにも対応しているため、他のアプリとは少し違ったレイアウトになっています。

日表示レイアウト

PencilPlanner Dayly2上の画像は日表示ですが、左側に今日の振り返りとタスクを書くスペースがあり、右側は登録済みの予定が表示されます。

左右どの位置でも自由に手書きすることが可能になっています。

カレンダーに登録されている予定は、タップすることで詳細を確認できます。PencilPlanner DaylyPlanEditPencil Planner & Calendar Proから、予定の追加登録、編集も可能です。

週表示レイアウト

PencilPlanner Weekly1続いて、週表示です。見た目は一般的な週予定カレンダーと同じですが、日付ごとに手書きでメモをすることができます。

日付をまたいで手書きすることができないように設定されています。PencilPlanner Weekly2上の画像は、週表示の「タスク」に特化したレイアウトです。

左側は、今週のタスクやノートを書くスペースになっていて、右側はメインイベントのみ表示されています。PencilPlanner Weekly3上の画像は今週のメインイベントとノートを表示できるレイアウトです。

このように、使いやすいレイアウトが用意されている週表示ですが、週表示を利用するには有料プランへの登録が必要となっています。


月表示レイアウト

PencilPlanner Monthly3こちらは月表示です。

左端にToDoリストとメモ欄があり、手書きで入力することができます。

縦持ちでも使いやすいようなレイアウトも用意されています。PencilPlanner Monthly Vertical

年表示レイアウト

PencilPlanner Annual1最後に年表示です。年表示はノートが大きいので、1年間の計画を立てることができそうです。

また、年表示には予定が表示されませんが、手書き入力は可能です。

リスト表示のレイアウトも用意されているので、年間の予定管理を手書きでする方にはこちらがおすすめ。PencilPlanner Annual2

表示形式を変えても手書きメモ同期

Pencil Planner & Calendar Proは、手書きした内容がレイアウトを変えても同期されるところが大きな魅力です。

前章のレイアウト紹介で、1日の一番上のメインイベント部分はどのレイアウトでも表示されていることに気づかれたでしょうか。(年表示を除く)
PencilPlanner Dayly2PencilPlanner Weekly1PencilPlanner Monthly3これにより、大事な予定をどのレイアウトでも確認することができるので、とても便利です。

はっしゅ
はっしゅ
大事な予定はここに書こう!

開始時刻や開始曜日を選択可能

私がカレンダーアプリで最強と位置付けている「FirstSeed Calendar」は、カスタマイズ性が高いことが一番のメリットです。

FirstSeedCalendar
FirstSeed Calendar|iPhone・iPadのベストカレンダーアプリをレビュー私は、今まで多くのカレンダーアプリを使ってスケジュール管理を試みてきましたが、どれもしっくりきませんでした。 そんな中、ようやく使い心...

Pencil Planner & Calendar Proも表示設定が可能で、日表示の開始時刻・終了時刻の設定や、週表示の開始曜日の設定が可能です。PencilPlanner Setting画像にある通り、そのほかにも細かく表示設定が可能なので、使いやすいように設定できます。


ノートを追加できる

PencilPlanner AddNotePencil Planner & Calendar Proは、各レイアウトにToDoリストやメモ欄が用意されていますが、それとは別に右上のボタンからメモ用のノートを作ることができます。

Pencil Planner & Calendar Proで作成できるノートは2種類あります。

1つはApple Pencilで手書きするためのノート(左のボタン)、もう1つはキーボードでテキスト入力するためのノート(右のボタン)です。

手書きメモノート

PencilPlanner Notes1手書き用のノートはサイズや背景を変更することができ、背景は無地・罫線・ドットから選ぶことができます。

さらに、罫線やドットの幅も変更できるので、テキストだけでなくイラストも描きやすいです。

テキストノート

PencilPlanner TextNotesテキストノートは背景を選ぶことはできませんが、テキストのフォントを設定することができます。

太字・イタリック・下線はもちろん、見出しインデントも可能です。

日付や予定にノートをリンクできる

PencilPlanner NotesLink作成したノートは、右上のリンクボタンから日付にリンクすることができます。

日表示レイアウトのリンクボタンをタップすることで、日付にリンク付けされたノートを作成することもできます。PencilPlanner NotesLinkDay日表示レイアウトからノートを追加すると、その日の予定にリンクさせることも可能です。

フォルダ分けできる

PencilPlanner Notes作成したノートは、上部の「ノートタブから一覧で確認することもできます。

ここでは、ノートのフォルダー分けもできるので、ノートの管理も非常にしやすくなっています。

はっしゅ
はっしゅ
メモアプリとしても十分使えます!

純正カレンダーと同期可能

PencilPlanner CalendarPencil Planner & Calendar Proは、純正カレンダーと同期することが可能で、同期するカレンダーも選択することができます。

純正カレンダーにGoogleカレンダーを登録すれば、Pencil Planner & Calendar ProでGoogleカレンダーを使用することもできます

予定の追加・編集も可能

PencilPlanner DaylyPlanEditまた、日表示レイアウトでもご紹介した通り、Pencil Planner & Calendar Pro上で予定の登録や編集も可能となっています。


Planner for iPadと比較

Planner for iPad

Planner for iPad

Takeya Hikage無料posted withアプリーチ

ここからは、Pencil Planner & Calendar Proのライバルに当たる「Planner for iPad」との比較を行っていきたいと思います。

スマホでは横にスライドできます

Pencil Planner Planner for iPad
料金
(オプション)
基本無料
月550円or年2,100円
基本無料
月360円or月600円
カレンダー同期
予定追加・編集 ×
リマインダー同期 × ×
ノート
有料
iPhone対応
編集可能

閲覧のみ
スタンプ類 ×
写真挿入 ×
手書き機能
ウィジェット対応 ×

Pencil Planner & Calendar ProをPencil Plannerと表示しています。

Pencil Planner & Calendar Proは、予定の登録・編集ができるところが個人的には1番のメリットです。

さらに、レイアウトの使いやすさや、ノートの使いやすさでも優位に感じました。

また、Pencil Planner & Calendar ProはiPhoneアプリでも閲覧・編集が可能で、レイアウトもiPhone用に開発されていて使いやすい印象でした。


Pencil Planner & Calendar Proのデメリット

もちろん、Pencil Planner & Calendar Proのデメリットもありますので、しっかりご紹介したいと思います。

リマインダーとは同期不可能

まずは、純正リマインダーと同期できないという点です。

細かいタスクについては、リマインダーで通知したいので同期してくれるとありがたいです。

写真貼り付けができない

また、写真の挿入ができないのもデメリットです。

現状では予定に写真を添付する方法しかありません。

なお、Planner for iPadでは写真の貼り付けが可能です。

全機能を使うには有料サブスク

Pencil Planner & Calendar Proは基本無料で使用できますが、週表示・年表示カレンダーを利用したい場合やノート数を増やしたい場合はサブスクに登録する必要があります。

年額で比較するとPlanner for iPadよりお得に利用できます。

今後のアップデートの予定

Pencil Planner & Calendar Proの公式サイトでは、今後のアップデートの予定が公開されていますので、一部ご紹介したいと思います。

今後のアップデート
  • 写真の挿入
  • ノートをラベルで分類
  • スタンプやステッカーの追加
  • 手書き文字検索

デメリットで挙げていた写真の挿入についても、早ければ今年の前半には実装されるようです。

そのほかにも多くのアップデートが予定されているので、気になる方はチェックしてみてください。

Pencil Planner & Draw Calendarとの違い

CalendarPro DrawCalendarApp Storeには、同じデベロッパーから「Pencil Planner & Draw Calendar」という買い切りタイプの有料アプリも配信されています。

しかし、Pencil Planner & Draw Calendarは旧アプリのため、今後アップデートされないものと思われます。

また、純正カレンダーと同期できない、手書き文字のレイアウト間同期ができないなどの機能差や、レイアウトの違いがあるのでご注意ください。

はっしゅ
はっしゅ
基本的には新しいCalendar Proを使おう!

参考:Pencil Planner & Calendar Pro公式サイト


まとめ

iPadの手書き対応カレンダーアプリ「Pencil Planner & Calendar Pro」をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

手書きでスケジュール管理したい人には、現状最強のiPadアプリだと言えると思います。

基本無料で使えるので、ぜひ試してみてください!

iPadCalendarBest5
【2022年】iPadおすすめカレンダーアプリ【ベスト5】iPadはiPhoneよりも画面が大きいことにより、より生産的・効率的な作業が可能です。 その中でも、カレンダーアプリはこだわってほし...
Pencil Planner & Calendar Pro

Pencil Planner & Calendar Pro

iPadおすすめアプリ
【2022最新版】iPadをフル活用するおすすめアプリ20選【保存版】今までに10台ものiPadを使ってきた私が、使いやすい・便利と思えたiPadアプリたちをジャンル別にご紹介したいと思います。 ...