Education

【2020年】教員におすすめiPadアクセサリー

教員におすすめiPadアクセサリー

iPadを学校で使われている先生方は、iPadの他にどのようなアイテムを使われているでしょうか?

今回、この記事では普段私が使用しているiPad用アクセサリー類や、おすすめできる商品をご紹介したいと思います。

途中で活用法などを紹介して記事も載せておりますので、参考になれば幸いです。

スタイラスペン

まずはiPadの可能性をさらに広げる、スタイラスペンについてご紹介します。

iPadデジタル教科書化
【iPad活用】iPadをデジタル教科書にしよう【勉強術】 今回は、iPadに教科書を取り込み、「デジタル教科書」の代わりに活用する方法をご紹介します! はじめに この方法は著作権法と...

ApplePencil

ApplePencilTopスタイラスペンといえばApple純正のApplePencilです。

ApplePencil無くしてiPadの活用は語れません!

ApplePencilの主な特徴は以下のとおりです。

Bluetooth接続
パームリジェクション
筆圧感知
傾き感知
遅延ほぼ0
第1世代と第2世代がある

ApplePencilの最大のメリットは、その書き心地です。

Pencilでタッチしているのか、手でタッチしているのかを判別でき、筆圧や傾きも感知するので非常に書き心地が良いです。

ただし、ApplePencilには第1世代(左)と第2世代(右)があり、対応機種が異なります。
ApplePencil比較第1世代Pencilは、Lightning端子に挿して充電するという斬新なアイデアが話題となりました。

一方、第2世代PencilはFaceIDを搭載したiPad Proにのみ対応し、側面に磁石で付いて充電できるスマートな設計となっています。

また、第2世代のみペンを2回タップすることで消しゴム機能に切り替えなどができます。

LogicoolCrayon

Logitech crayon retail pdp2ApplePencilがいいのはわかるけど、どうしても高くて手が出ない・・・という人にはLogicool Crayonがおすすめです!

廉価版ApplePencilともいえるこの商品の特徴は以下のとおり。

7,880円(税別)
ApplePencilテクノロジー採用
Lightning端子搭載
iPad第6世代以降全種対応

なんと言っても、ApplePencilと同じテクノロジーを採用し、全く遜色のない書き心地でありながら7,880円という安さが魅力です。

さらに、Lightning端子があるためLightningケーブルがあれば充電できます。Logitech crayon retail pdp
また、iPad第6世代以降に発売されたiPadには全種対応しているので、iPadProをお持ちの方にとっては純正の約半額で購入できることになります!

iPadケース

続いて、iPad本体を保護するケースをご紹介していきます。

軽さ重視:純正SmartCover

SmartCoveriPadを持ち運ぶことの多い教育現場では、軽さはとても大切な要素です。

そこでおすすめなのが、Apple純正のSmartCover(SmartFolio)です。

SmartCoverの特徴は以下のとおり。

薄くて軽くて丈夫
最小限の保護性能
オートスリープ対応
スタンド機能あり
高い質感

画面を守る“と同時にスタンド機能やオートスリープ機能を持つオシャレなケースです。

ただし、背面は一切保護されないので別のケースを装着するか、AppleCare+などの保証をつけましょう。

iPadProはSmartFolioという背面も保護されるケースとなっています。IPadProSmartFolio

堅牢性重視

「軽さは大切だけれど、タフな教育現場では堅牢性の方が大切」という方には衝撃に強いTPU製シリコン製のケースをおすすめします。

iPadケースの選び方
【軽さこそ正義】そんなあなたに最適なiPadケースの選び方iPadを購入した時に迷うのが、ケースとフィルムですよね。 実際に購入してみないとわからないことが多い上に、口コミではメリットとデメリ...

キーボード

続いてはワイヤレスキーボードです。

iPadで学級通信や授業プリントを作成される方には、あると便利なアクセサリーです。

おすすめはエレコムの超薄型キーボードです。
エレコム薄型Bluetoothキーボード

iPad用キーボードの選び方
【2020年】iPad用キーボードの選び方【おすすめBluetoothキーボード】iPadはタッチによる操作が主な操作方法です。 文字入力も、iPhone同様にソフトウェアキーボードという、画面上のキーボードで文...

収納バッグ

続いて、教室移動などでiPadやアクセサリー類をまとめて収納できるバッグをご紹介します。

リヒトラブ

LihitLabTop私が長年愛用しているのが、リヒトラブのキャリングポーチです。

安価ながら、質感が高く収納性も高いのでずっと愛用しています。LihitLabInner
12.9インチiPadならA4サイズ、11インチ以下のiPadであればB5サイズがちょうどいいです。

ACアダプター

短い時間で急速に充電できるACアダプターがあると、少ない空きコマでも充電ができます。

より高速に充電できる、USB C to Lightningのケーブルもあると便利です。

Anker PowerPort Atom PD 1

Anker PowerPort Atom PD 11つ目は超小型ながら30W出力に対応したAnker PowerPort Atom PD 1です。

USB Cポートが1つしかありませんが、小型なので持ち運びもしやすく隣のコンセントを潰すこともありません。

Anker PowerPort Atom III

Anker PowerPort Atom III2つ目は、USB AポートとUSB Cポートが1つずつある充電器です。

USB Aポートは15W出力、USB Cポートは45W出力に対応し、同時に60Wも出力が可能です。

iPadとiPhoneを同時に充電したい方におすすめです。

モバイルバッテリー

空きコマもないほど忙しく、iPadの充電がギリギリ・・・という先生にはモバイルバッテリーがおすすめです。

なかでも高速充電のPDに対応したバッテリーがあると、iPadを使用しながら充電することができます。

cheero Power Plus 5

cheeroPowerPlus5
私のおすすめモバイルバッテリーは、cheeroのPower Plus 5です。

このモバイルバッテリーの特徴は以下のとおり。

15,000mAh
PD対応
合計57W出力
USB CとUSB Aポート搭載
残量インジケーター搭載

このモバイルバッテリーはiPhoneより小さいサイズながら、iPad約2回分の15,000mAhの容量を持ちます。
iPhoneと比較
さらに、USB Cポートは45W出力対応で、高速充電が可能です。

MacBook用モバイルバッテリー
MacBook用モバイルバッテリーはこれ!【cheero Power Plus 5】最近はブログを書くようになり、出先でMacBookを使用することが増えました。 そこで困るのが、電源問題。 カフェでも電源が使用でき...

変換アダプター

続いてはiPadを他の機器へ接続するための変換アダプター類をご紹介します!

HDMI変換アダプター

Lightning-DigitalAV Adapter
まずは、iPadの画面をテレビやプロジェクターに接続するために、HDMIへ変換するアダプターです。

Amazonで『iPad HDMI』などと検索すると、様々なメーカーの変換アダプターが出てきますが、高くても純正を購入しましょう

理由は、ライセンスのない社外品はOSの更新で使えなくなる可能性があるからです。

純正品を見分けるのも難しいので、以下のボタンから純正品購入ページへと飛べるようにしておきます。
AmazonはこちらAppleはこちら

Digital_AVアダプタ接続する方法
【ミラーリング】iPhoneをHDMIでテレビに接続する方法と必要なもの【Netflix対応】iPhoneでYouTubeやNetflix、AmazonPrimeVideoなどを観ている方も多いのではないでしょうか。 しかし、i...

なお、USB Cを搭載しているiPad Proは社外品の変換アダプターでも使用できなくなる可能性は低いので安心してください。

USB変換アダプター

Lightning – USB 3カメラアダプタ続いて、iPadでUSBメモリーを使うための変換アダプターをご紹介します。

そもそも、iPadでUSBメモリが使えることに驚く方もいるかもしれませんが、OSのアップデートでパソコンと同様に使用できるようになりました。

iPadでUSBメモリーを使えると、書類の印刷写真のデータ移行PCからの作業移行などiPadの幅が広がります。

ただし、HDMI変換アダプター同様に純正品以外は使用できなくなる可能性が高いので注意が必要です。

純正品のAmazon購入ページは以下のボタンからどうぞ。
純正品購入ページ
また、このアダプターにUSBメモリーを挿すだけでなく、電源にも接続する必要があるため、詳しくは以下の記事をご覧ください。

iPadでUSBメモリーを使う方法
【Lightning】iPadでUSBメモリーを使う方法【変換アダプタ】 と思われている方が多いようですが、実は使えるのです。 今回の記事は、iPadでUSBメモリーを使うために必要な周辺機器、対応ファイル...

iPad Pro用USB Cハブ

iPadProここまではLightning端子を搭載したiPad向けの変換アダプターを中心にご紹介しましたが、USB C端子搭載のiPadProをお持ちの方には多機能ハブがおすすめです。

USB C端子を搭載したiPadProは純正品以外でも、しっかりとした商品であれば問題なく使用できるため安心できます。

LENTION 3ポートUSB-C ハブ

LENTIONC 34まずは、LENTIONという聞き慣れないメーカーから出ているUSB Cハブです。

SDカード・microSDカード、USB Aポート、HDMIポートがあります。

LENTIONはこの他にもアクセサリーを多く開発している会社で、非常に質感が高いので個人的に好みです。

LENTION CB-D53
コスパ・デザインともに最高のUSB-Cドック【LENTION CB-D53】最近のパソコンはUSB-Cポートを搭載している機種が多くなってきましたね。 USB-C関連の周辺機器も増えてきました。 USB-Cか...

Anker PowerExpand Direct 6-in-1

Anker PowerExpand Direct 6 in 1もっとオシャレで高機能なものを求める方には、AnkerのPowerExpand Direct 6-in-1がおすすめです。

iPad Pro用に設計され、ステレオミニジャック、SDカード・microSDカードスロット、USB A、USB C、HDMIポートを搭載しています。

USB C to USB A変換アダプター

AUKEYUSBCAdapterあると便利な超小型USB C to USB A変換アダプターもおすすめです。

ポータブルSSD

USBメモリーでは容量不足、動画などの大容量データを扱いたい方には高速通信可能なSSDがおすすめです。

SSDは衝撃に強く、小型なので持ち運びにも便利です。

私がおすすめするSSDはRAVPowerのSSDです。
RAVPowerSSD
詳細は以下の記事をご覧ください。

RAVPOWER PortableSSD
【商品レビュー】Apple製品にピッタリ!スタイリッシュなSSD《RAVPOWER PortableSSD》最近、ようやくSSDの値段が下がってきましたね。 それに伴って、多種多様なSSDが発売されてきています。 そんなか、小型充電アダプタ...

タブレット用三脚

IPad三脚お次は、体育や部活動で活躍するタブレット用三脚です。

体育で、カメラを起動し動作を横から撮影する時に三脚があると便利です。

一脚タイプは風に弱いので、脚が大きく開く物がおすすめです。

iPadでスポーツ指導
iPadを体育・部活・スポーツ指導に活用する方法!今回は、教員だけに絞らずスポーツ指導でiPadを使っている方が対象の記事となります。 バレーボール業界では、だいぶ前からiPadを導入...

ワイヤレススピーカー

続いて、歌の練習やダンスの練習で便利なBluetoothスピーカーです。

歌に負けない音量・外でも使用に耐える音量となるとそれなりの出力が必要です。

教室におすすめBluetoothスピーカー
教室で音楽再生におすすめなBluetoothスピーカー皆さんは教室で音楽再生する時、どのような環境で再生していますか? もしも、スマホや音楽プレーヤーをお持ちならBluetoothスピーカ...

Anker Soundcore 2

SoundCore2私の一押し、AnkerのSoundCore 224時間再生可能なバッテリーを搭載しており、1週間ほど充電しなくても問題ありません。

また、12W出力スピーカーを搭載しているので、十分な音量を確保できます。

スキャナー

最後に、アクセサリーというには大きすぎるのですが、スキャナーをご紹介します。

スキャナーを使うことで、書類まみれの机がきれいになり、ペーパーレス化を実現できるようになります。

本や資料をPDF化、iPadに取り込んで読む・書き込む方法【自炊】
本や資料をPDF化、iPadに取り込んで読む・書く方法【自炊】漫画・文庫などの本から、会議の資料まであなたの身の回りには紙が溢れていませんか? そんな紙をすべてiPadに取り込んでしまうことが...

iPadとスキャナーが直接無線で接続できる以下の2つのスキャナーがおすすめです。

ScanSnap ix1500

Ix1500スキャナーといえばScanSnapです。

こちらのix1500は、大人気モデルix500の後継機にあたります。

毎分30枚のスキャンが可能で、タッチパネルも搭載し操作性も向上しました。

EPSON DS-570W

DS 570Wもう一つはEPSONのDS-570Wというスキャナーです。

DS-570というモデルもありますが、こちらは無線接続ができないモデルですのでお間違えないように。

ScanSnapより8,000円ほど安くスキャン速度も毎分35枚です。

ただし、タッチパネルなどの操作系統が一切なく、アプリ上で設定を行います。

まとめ

いかがでしたか?

様々なアイテムがありましたが、ご自分の仕事スタイルにあったアイテムを活用することで、よりiPadの幅が広がると思います。

ぜひお試しください!

iPadで教員の仕事効率化
【仕事効率化】教員におすすめiPad活用術【2020年】学校の業務は多岐にわたり、書類の数も膨大です。 いかに効率的に仕事をこなすかが残業を減らす大きな鍵になります。 今回はiPadを...