Apple

【2020年】iPad用キーボードの選び方【おすすめBluetoothキーボード】

iPad用キーボードの選び方

iPadはタッチによる操作が主な操作方法です。

文字入力も、iPhone同様にソフトウェアキーボードという、画面上のキーボードで文字入力を行います。

しかし、iPadを購入するにあたって、

キーボードもあったほうがいいのかな?

とお考えの方に、

本当にキーボードは必要なのか
どんなキーボードがいいのか

といった内容でご紹介していきます。

iPadケースの選び方
【軽さこそ正義】そんなあなたに最適なiPadケースの選び方iPadを購入した時に迷うのが、ケースとフィルムですよね。 実際に購入してみないとわからないことが多い上に、口コミではメリットとデメリ...

iPadに物理キーボードは必要なのか

まず初めに、iPad用キーボードは必要なのか考えていきましょう。

私が考える”キーボードが必要な人”は、

キーボードが必要な人

Pagesなどの文章作成アプリを頻繁に使う人

です。

もちろん、これ以外のアプリでも文章を書くことができるので、問題はどの程度iPadで文章を作成するかです。

ちょっとしたメモ程度であればソフトウェアキーボードで事足ります。

なので、iPad購入と同時にキーボードを買う必要はないと思います。

キーボードは軽量のものでも200g程度あります。

私は、「もしかしたら使うかも・・・」程度で購入して後悔した経験があります。

しばらくiPadを使用してみて、文章を作成する頻度が高いと感じた人は購入すると良いと思います。

どのようなキーボードを買えば良いのか

では、キーボードが必要だと感じた人に向けて、どのようなキーボードを購入すれば良いかの説明に移ります。

キーボードにも様々な種類があります。

有線、無線(2.4GHz)、Bluetooth
電池式、充電式
ケース一体型、別体型

私のおすすめiPad用キーボード

私のおすすめキーボードは、

Bluetooth接続
充電式
別体型

です。

Bluetooth接続タイプは、初めこそ登録が必要ですが、あとは電源を入れれば自動接続です。

また、充電式であれば電池を買う必要もなく、モバイルバッテリーで充電できます。

そして、キーボードのみの商品を買っていただきたいです。

キーボードが不要な時には、iPadのみを持ち運ぶことができます

たまにキーボードも使いたい、という人におすすめのタイプです。

極薄!エレコムのBluetoothキーボード

数あるキーボードの中でもおすすめは、エレコムのTK-SLP01BKです。
TK SLP01BK
薄さはなんと最薄部で5.3mm
iPadと重ねて持ち運ぶことができるのでかなり便利!

重さは約210gです。
iPadと一緒に持ち運ぶにも軽さは大切です。

付属のmicroUSBケーブルで充電することができます。

最大で3台にペアリングすることができ、キーボードのショートカットキーで切り替えをすることができます。
TK SLP01BK2
同じく、ショートカットキーにはボリューム変更キーなどもあるので便利です!

キーストロークは1.4mm、ピッチは17.2mmとパソコン用フルサイズキーボード並みで、非常にタイピングがしやすいです。

ケース一体型はヘビーユーザー向け

基本的には、上記の別体型キーボードが使いやすいと思います。

しかし、別体型だと不便というほど頻繁にキーボードを使う方には、ケース一体型がおすすめです。

中でもおすすめは以下の2つ

Apple純正Smart Keyboard

一つ目は、Apple純正のキーボードカバーです。
IPadProSmartKeyboardFolio
Smart Keyboardもしくは、Smart Keyboard Folioという商品です。

こちらは、キーボード一体型にもかかわらず、オートスリープ機能対応です。

また、接続はSmart Connectorなので充電不要、接続の手間なしです。

キーボード全体が布のような素材で覆われているため、普通のキーボードとは異なる打ち心地ですが、タイピングはとてもしやすいです。

また、そのような構造のため、耐水性能もわずかにあります

重さはiPad Pro用でも300g程度で、iPad Air用では約250gです。

Logicool製キーボードケース

2つ目はApple公式サイトでも販売されている、ロジクールのキーボードケースです。
Logicool Keyboard Case
画像は無印iPadですが、他機種用も販売されています。

公式サイトでも販売されている安心感と、トラックパッド搭載が嬉しいモデルです。

iPadOSの進化により、iPadでもMacのようなトラックパッド操作が可能になりました。

ApplePencilを収納できるポケットも考えられていますね!
Logicool Keyboard Case 2
こちらもSmart Connector接続で充電不要です。

ただし、重量が600g超えなのがネックですね。

こちらの商品はApple公式サイトで販売されています。

まとめ

最後に、この記事のまとめです。

まとめ

キーボードは必要性を感じたら購入
Bluetooth・充電式・別体型がおすすめ
ヘビーユーザーはケース一体型

キーボードがあることによって、生産性が上がる一方、重量が増えるというデメリットもあります。

iPadでキーボードを使う頻度や、持ち運ぶ頻度に合わせて最適なキーボードを選んでください!

iPadオススメアプリ
【2020最新版】iPadをフル活用するおすすめアプリ19選【保存版】今までに10台ものiPadを使ってきた私が、使いやすい・便利と思えたiPadアプリたちをご紹介したいと思います。 手書き・書類関係アプリ...