Apple

【Lightning】iPadでUSBメモリーを使う方法【変換アダプタ】

iPadでUSBメモリーを使う方法
iPadにUSBメモリーって使えないよね?

と思われている方が多いようですが、実は使えるのです。

今回の記事は、iPadでUSBメモリーを使うために必要な周辺機器、対応ファイル形式などについてまとめていきます。

必要なもの

まず、iPadにUSBメモリーを接続するために必要なものをご紹介します。

iPadの端子はLightningなのでUSBメモリーは挿さりません。
(iPad ProはUSB Type C)

そこで、LightningからUSBへの変換アダプターが必要となります。
Lightning USBこちらがその変換アダプタ『Lightning – USB 3カメラアダプタ』です。

Amazonで調べると様々な怪しいメーカーが出品していますが、必ず純正品を購入しましょう。

なぜなら、Appleのソフトウェア更新で他社製品(非認定品)は使えなくなってしまう可能性が高いからです。

と言っても、いかにも純正品を装って偽物を販売している業者もいます。

以下のボタンからApple純正品のページへと飛べるようにしておきます。
純正品購入ページ

iPad Proは他社製品でも使用可能です。

適宜必要なUSB Type CからUSB Type Aへの変換アダプタを購入してください。

私のおすすめは、以下のようなUSB Type CとType Aの両方へ接続できるUSBメモリーです。

接続方法

ここからはLightning – USB 3カメラアダプタの使い方を説明していきます。

専用のアプリなどはありませんので、そのままiPadにアダプタを接続してください。
IPadwithadapter
ここにUSBメモリーを接続すると、《Cannot Use Accessory》と出ます。

これは、USBメモリーを使うために必要な電力が足りないことを意味します。

そこで、アダプターにあるLightning端子に充電ケーブルを接続し、充電しながら使用します。
アダプターに電源を接続するすると、先ほどの表示は出なくなります。

USBメモリへのアクセス

無事に接続ができたら、次はUSBメモリーへアクセスします。

USBメモリーの中身を見るには「ファイル」というアプリを使います。
Fileアプリ
Apple純正アプリで、初めからインストールされています。

USBを接続して、ファイルアプリを起動すると左のブラウズメニューにUSBが表示されます。
FileUSB※USBメモリーの名前はそれぞれ異なります。

USBメモリーを選択すると、パソコンと同様に中身を見ることができると思います。

もちろん、Wordファイルを開けば編集もできます。
(Wordアプリ+Office365必須)

iPadでWordを使う方法は、以下の記事を参考にしてください。

iPadでWordどこまで使える?
【PC版と比較】iPadでWordはどこまで使えるのか?【Office 365】iPadだけで仕事をしたい!と考える人は少なくないと思います。 そこで一番のネックとなるのが、iPadでOfficeが使えるのかと...

対応ファイル形式等

最後に対応しているファイル形式ですが、基本的にどんなファイル形式もデータがあることは確認できます。

ファイルを開くには、iPadに必要なアプリがインストールされている必要があるというだけです。

Lightning – USB 3カメラアダプタの純正品は以下のボタンからどうぞ!
純正品購入ページ