Apple

【Apple版Word】Pagesの使い方や活用法【ICT活用】

皆さんはApple純正テキストエディタ『Pages』を使われていますか?

難しそうで使ったことがないな
Wordに慣れてて使いづらそう

とお考えの方が多いかもしれません。

しかしPagesはとても使いやすい上に無料で使用できるので、初心者にも安心しておすすめできるアプリです。

一般的な書類作成であれば必要十分な機能をもちながらも、操作性は抜群です。

今回の記事では、Pages魅力基本的な使い方をご紹介し、より多くの人にPagesを活用していただければと思います。

【Apple版Excel】Numbersの魅力や使い方まとめ【ICT活用】皆さんはApple純正の表計算ソフト『Numbers』を使われていますか? とお考えの方が多いかもしれません。 しかしN...
【Apple版PowerPoint】Keynoteの使い方や活用法【ICT活用】皆さんはApple純正のプレゼンテーションソフト『Keynote』を使われていますか? とお考えの方が多いかもしれません。 ...

Pagesとは

Pagestop画像:Appleより引用

まずPagesについて簡単に説明します。

Pagesは、Wordのような文章作成ソフトAppleが開発しています。

無料で使用することができ、アップデートも無料でいつでも最新の機能を使用できます。

なお、ブラウザ上(iCloud.com)ならWindowsパソコンやChromebookでも使用することができます。(要Apple ID)

この記事では主にiPad版について説明を進めていきますが、iPhone版、Mac版も基本的には同じです。

Pages

Pages

Appleposted withアプリーチ

多様なテンプレート

PagesTemplatesiPhoneやiPad版のPagesには初めから多数のテンプレートが用意されています。

履歴書」「レポート」「ニュースレター」などの分野ごとに用意されているので、テンプレートから簡単に書類を作成することができます。

わかりやすいUI

Pagesをはじめ、Appleの開発しているアプリは扱いやすい操作性が重視されています。

メニューはコンパクトにまとめられ、何かを編集したいときは常に右上のハケボタンを押すだけ。Pages Image Editその後必要なタブから編集をするだけです。Pages Editこれは、写真・表・グラフ・テキスト全てにおいて同じ操作になります。

縦書きにも対応

以前のPagesは横書きにしか対応していませんでしたが、アップデートにより縦書きにも対応しました。

テキストボックス内の「テキストを縦書きにする」ことでページの一部分を縦書きにする、もしくはページ全体を縦書きに設定することができます。Pages Text Vertical

同時編集可能

Pages Share画像:Appleより引用

Pagesは無料ながら、同時編集機能があります。

Officeの場合古いバージョンでは共同編集ができませんが、Pagesは無料で常に最新にアップデートされます。

iPhone、iPad、Mac、Windows、Chromebook全てのデバイスで無料で使用できるので、リモートワークやリモート授業にも活用できます。

便利な小技

ここからは、知っておくと便利なPagesの小技をご紹介します。

Scribbleで手書きテキスト入力

ScribbleGIFiPadにはScribbleという機能があります。

Scribbleは、Apple Pencilを使って手書きした文字がテキストに変換されるので、手書きで作るように書類を作成することができます。

設定方法等は以下の記事で説明しております。

Scribble 日本語対応
【仕事効率化】iPadOS15でScribbleが日本語対応!【Apple Pencil】iPadOS14で追加された「Scribble(スクリブル)」という、手書き文字をテキストに変換する機能がついに日本語対応されました。 ...

しかしiPadで長文を書くには、やはりBluetoothキーボードがあると良いでしょう。

ソフトウェアキーボードでも打てないこともないですが、タイプミスが多く効率が下がってしまいます。

ベクターイラスト

NumbersIllustPagesを含むiWorksアプリには、拡大・編集可能なベクター形式の図形やイラストがいくつも用意されています。(画像はNumbersのもの)

三角や四角などの図形から、動物、食べ物まであるので視覚的な補足として使用できます。

作成した書類を印刷

iPadのPagesで作成した書類はそのまま印刷することができます。

作成した書類を印刷するには、右上の「詳細」ボタンから「プリント」を選択します。Pages Print Button無線で印刷できるプリンタが同じネットワーク内にある場合はここで印刷が可能です。PagesPrintSettingそのようなプリンタがない場合は、「詳細」ボタンから「書き出し」を選択します。Pages Export Buttonそして「PDF」を選択してください。Pages PDF Export書き出されたPDFを「ファイル」アプリ経由でUSBメモリに保存します。Pages ExportToAppsしかしiPadにはUSB TypeAの差込口はありませんので、変換アダプターが必要になります。

iPadでUSBメモリーを使う方法
【Lightning】iPad・iPhoneでUSBメモリーを使う方法【変換アダプタ】 と思われている方が多いようですが、実は使えるのです。 今回の記事は、iPadでUSBメモリーを使うために必要な周辺機器、対応フ...

作成した書類を他のアプリへ共有

先ほどの「書き出し」から作成した「PDF」を他のアプリに共有することで、そのまま書類として保存することができます。Pages ExportToApps

Pages活用例

ここからは実際に教育現場での活用例をご紹介します。

学級通信

Pages SchoolLetterまずは学級通信の作成です。

Pagesはテンプレートの保存ができるので、「ニュースレター」のテンプレートをもとに自分だけのテンプレートを作成できます。

※「書き出し」⇨「Pagesテンプレート」でテンプレート保存可能

Numbersと組み合わせれば週予定の作成も簡単です。

作成した学級通信はPDFでGoodNotes 5などに出力して管理すると便利です。

そのほか学級通信については以下の記事で詳しくまとめています。

【iPad活用術】iPadで学級通信を作成する方法【Pages】皆さんはiPadでPagesを使ったことがありますか? Pagesは無料で使えるテキストエディター、Apple版のWordとも言えるア...

校外学習のしおり

PagesPamphletパンフレットのテンプレートを使用すれば校外学習のしおりも作成できます。

生徒用のiPadにPagesがインストールされていれば、生徒たちで作成することもできます。

学習プリントの作成

Pages StudyPrint授業や宿題用の学習プリントも簡単に作成できます。

方程式の挿入も可能なので、数学や理科でも問題なく使用できます。PagesMath画像:Appleより引用

問題文だけ作成してPDFを生徒用iPadに配布するような使い方もできます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

普段Wordを使っている人でも、ここまでの機能があれば十分ではないでしょうか。

無料で利用できるので、ぜひ試してみてください。

iPadで教員の仕事効率化
【仕事効率化】教員におすすめiPad活用術【2021年】学校の業務は多岐にわたり、書類の数も膨大です。 いかに効率的に仕事をこなすかが残業を減らす大きな鍵になります。 今回はiPa...