fbpx
Apple

【紛失防止タグ】AirTag、Tile、MAMORIO3種比較

4月21日(水)深夜、『AirTag』が正式に発表されました。

そこで、すでに販売されている紛失防止タグの『Tile』『MAMORIO』との比較を行いたいと思います。

どの紛失防止タグが優れているのか、どれを買えばいいのか、そんな疑問の解決につながればと思います。

AirPodsにこそAirTagを着けるべき理由4月21日(水)深夜、ようやくAirTagが発表されました! この発表を受けて、AirTagをAirPodsに着けられるよう、Ai...

紛失防止タグ3種比較

今回比較するのは、AirTag、Tile、MAMORIOの3種です。

TileとMAMORIOは複数の種類がありますが、以下のモデルで比較していきます。

Apple
Apple airtag front and back emoji 2up 042021copy
AirTag

Tile
Tile
Tile Mate

MAMORIO
MAMORIO
MAMORIO

AirTag Tile MAMORIO
値段 ¥3,800 ¥2,480 ¥2,728
サイズ(mm) 31.9×
31.9×8.0
35.0×
35.0×6.2
35.5×
19.0×3.5
重量 11g 6g 3g
耐水性能
IP67

IP55
×
電池寿命 1年以上 約1年間 約1年間
電池交換 ×
対応OS iOS iOS
Android
iOS
Android
スピーカー内蔵 ×
スマホ呼び出し × ×
すれ違い通信
アプリ不要

アプリ必要

アプリ必要
置き忘れ通知 ×
有料OP
ストーキング対策 × ×
Siri対応 ×

高性能なTile

TileFrontTileは一番安価ながら、防滴性能、電池交換式、Siri対応など多くの機能を搭載しています。

特に、Tileにはスマホを呼び出す機能がついており、スマホを置き忘れがちの人にはおすすめです。

比較表には記載していませんが、スマホとの接続距離が長く(Tile Proは120m) 音も大きいので 外で探しやすいと思います。

【紛失防止タグ比較】AirTagとTileを比較してみた【Tileレビュー】忘れ物防止タグとして有名なTileが、コンビニのファミリーマートで販売されていました! しかも旧型ということもあり、なんと880円...

小サイズのMAMORIO

Mamorio3薄さ3.5mm、重さ3gのMAMORIOは、他の紛失防止タグに比べて圧倒的に小型です。

そして、精度は低いものの「置き忘れ防止通知」が無料で利用できるのも嬉しいポイント。

財布に忍ばせておく場合などできるだけスペースを取りたくない人におすすめです。

しかしMAMORIOは、電池交換不可耐水性能なし、スピーカーがなく音を鳴らせないなどのデメリットもあります。

MAMORIOとAirTag比較
【AirTagと比較】忘れ物防止タグMAMORIO【最新レビュー】2021年4月21日の深夜、ようやくAppleの紛失防止タグ『AirTag』が発表されました。 しかし、2年以上噂されていたため、...

安定のAirTag

Apple airtag accessories bag 042021AirTagはやや高価ではありますが、U1チップ搭載で数十センチ単位でタグの位置を把握できます。

また、他の紛失防止タグと異なりアプリのインストールも不要で、すれ違い通信等が可能です。

紛失後に持ち物が見つかる可能性が高いのはAirTagと言えるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか

TileとMAMORIOは今回ご紹介した商品以外にもいくつかのモデルがあります。

AirTagが手元に届き次第、詳細もレビューしたいと思います。