fbpx
Apple

AirPodsにこそAirTagを着けるべき理由

4月21日(水)深夜、ようやくAirTagが発表されました!

この発表を受けて、AirTagをAirPodsに着けられるよう、AirPods用ケースを購入しました。

今回の記事で、なぜAirPodsにAirTagを着けるのか、どのようなケースを購入したのかをご紹介したいと思います。

【紛失防止タグ】AirTag、Tile、MAMORIO3種比較4月21日(水)深夜、『AirTag』が正式に発表されました。 そこで、すでに販売されている紛失防止タグの『Tile』『MAMOR...

AirPodsにこそAirTagが必要

いやいや、AirPodsにAirTagなんて必要ないでしょ

と思われる方が多いかもしれませんね。

私がAirPodsにAirTagが必要だと思う理由は2つあります。

AirPodsは複数のデバイスで共有する
AirPodsの「探す」機能が不十分

AirPodsは複数のデバイスで共有する

AirPodsProMoveToiPhone1つ目のAirTagが必要だと思う理由は、AirPodsはiPhoneだけでなく、iPad、Macでも使用するためです。

自動切り替えが便利すぎて、さまざまなデバイスで使うことが多いのですが、それゆえ無くしがちになります。

車の鍵や財布はバッグの中にあることが多いですが、AirPodsは縦横無尽に隠れます。恐るべしAirPods。

AirPodsの「探す」機能が不十分

2つ目の理由は、「探す」アプリです。

AirPodsをなくした場合には、iPhoneの「探す」アプリからAirPodsを探すことができます。

しかし、これには3つ問題点があります。

問題点

iPhoneと最後に接続されていた位置が表示される
AirPodsにはU1チップが搭載されていない
ケースに入っていると音が鳴らない

iPhoneと最後に接続されていた位置が表示される

iPhoneでAirPodsを探す場合、iPhoneとAirPodsが最後に接続されていた場所をアプリで確認することができます。

AirPodsをケースにしまってから移動している場合には、全く意味がなくなってしまいます。

AirPodsにはU1チップが搭載されていない

U1チップは、デバイス同士の距離や方向を正確に測定することのできるチップです。

AirPodsにはこのチップが搭載されていないので、先ほどの最後に接続されていた場所を念入りに探すか、AirPodsを鳴らして探すしかないのです。

ケースに入っていると音が鳴らない

そして、最大の欠点が「ケースに入っていると音が鳴らない」という点です。

ケースごとのなくす場合がほとんどですが、AirPodsがケースに入っているときはAirPodsを鳴らすことができないのです。

以下の画像のように、保留中となってしまいます。FindMyAirPodsもちろんケースだけ紛失した場合も探すことができません。

AirPodsにAirTagを着けるメリット

今までの問題点を解決するのがAirTagになります。

AirPodsにAirTagを着けるメリットは以下の通り

メリット

音を鳴らして探せる
U1チップで高精度で探せる
誰かのiPhoneとすれ違っても探せる

音を鳴らして探せる

AirTag1AirTagにはスピーカーが内蔵されているので、AirPodsを鳴らせなくてもAirTagを鳴らすことができます

U1チップで高精度で探せる

AirTagU1ChipU1チップは数cm単位の精度があると言われています。

実際には数十cm単位での表示となるようですが、AirTagのある方向まで示してくれるので非常に見つけやすくなります。

誰かのiPhoneとすれ違っても探せる

Apple iphone12 airtag findmyapp 042021AirTagは他の誰かのiPhoneとすれ違うことでも位置情報を更新することができます。

したがって、最後にiPhoneと接続していた場所ではなく、最新の場所を表示することができる可能性が高いということです。

ただしAirPodsにAirTagは着けられない

AirPodsProご存知の通り、AirPodsにストラップホールはなく、AirTagをそのまま着けることはできません。

したがって、ストラップホールのあるAirPodsケースが必要となります。

そこで私が購入したのは「Twelve South」の「AirSnap Pro」というレザーケースです。

Twelve South : AirSnap Pro

Twelvesouth8本革レザーで作られており、付属のカラビナも非常にかっこいいですね。Twelvesouth5内側は起毛仕上げなので本体が傷つくこともありません。

ボタンの裏側もカバーされています。Twelvesouth6質感が高く、所有欲を満たしてくれるケースです。Twelvesouth7

まとめ

AirTagが届き次第、このAirPodsケースに着けて写真を追加したいと思います。

AirPodsをよく無くして困っていたという人は、AirTagを着けてみるといいかもしれません。

【紛失防止タグ】AirTag、Tile、MAMORIO3種比較4月21日(水)深夜、『AirTag』が正式に発表されました。 そこで、すでに販売されている紛失防止タグの『Tile』『MAMOR...