fbpx
Apple

【AirTagと比較】忘れ物防止タグMAMORIO【最新レビュー】

MAMORIOとAirTag比較

2021年4月21日の深夜、ようやくAppleの紛失防止タグ『AirTag』が発表されました。

しかし、2年以上噂されていたため、痺れを切らしてしまい以前からあったMAMORIOを購入しました。

そこで、今回発表されたAirTagとの比較も含めてレビューしていきたいと思います。

【紛失防止タグ】AirTag、Tile、MAMORIO3種比較4月21日(水)深夜、『AirTag』が正式に発表されました。 そこで、すでに販売されている紛失防止タグの『Tile』『MAMOR...

MAMORIOとは

MAMORIOoficeMAMORIOは日本の会社が開発した、忘れ物防止タグです。

置き忘れ通知

MAMORIO置き忘れ防止MAMORIOはBluetoothでiPhoneと接続しています。

iPhoneとの距離が離れることによって接続が切れると、iPhoneに通知が来るので置き忘れを防止することができます。

すれ違い通信

MAMORIOすれ違い紛失した際にも、iPhoneにMAMORIOのアプリを入れている方がMAMORIOにすれ違うと、すれ違った場所を自分のiPhoneに通知してくれます。

MAMORIO Spot

また、日本中にMAMORIO Spotというエリアがあり、MAMORIOをなくしてもMAMORIO Spot内にあるとiPhoneに通知がきます。
MAMORIOSpotJR各線の駅や高島屋などにMAMORIO Spotが設置されています。

郵便局への設置も進んでおり、試験的に郵便配達車両にも搭載されるようです!

本体レビュー

ここからはMAMORIOの本体レビューをしていきます。

私が購入したのは、一番安いMAMORIOで、2,480円(税別)でした。
Mamorio1外箱はとても小さく、お洒落な見た目です。

Mamorio2内容物は本体とスタートガイドのみ。

Mamorio3iPhone11Proと比較してこのサイズです。

公称値では、縦35.5mm×横19mm×厚さ3.5mm / 3gとなっています。

Mamorio4本当に小さいです。

財布の小銭入れに入れても全く邪魔にならないです。

バッテリーは交換できず、約1年間の使用が可能です。

半年以上使用すると、アプリから半額で新品が購入できるようになります。

アプリレビュー

同梱されていたスタートガイドにあるQRコードからアプリをダウンロードします。
MAMORIOAppインストール後、アプリを開くとBluetooth、位置情報、モーションなどの利用許可が必要です。MAMORIOApp1そして、MAMORIOを登録します。

絶縁シートを取り除き、iPhoneに近づけると認識されるので登録します。MAMORIOApp2タグの名前や通知設定を行い、登録完了です。

タグとiPhoneが一定距離離れると、置き忘れを通知してくれる機能がありがたいですね。
MAMORIOApp3
登録が完了すると、ホーム画面には登録済みのタグが表示されます。MAMORIOApp4タグにはbluetoothの強度から距離を算出したメーターも表示されています。

このMAMORIOの1番の機能がAirTag顔負けのAR機能です。
MAMORIOAR
ARモードをオンにし、周辺を歩き回ります。

すると、右上のレーダーにBluetoothの強度を色分け表示してくれます。

赤い点がタグに近い場所ということになります。

さらに、AR機能によってレーダーの点は空間上にも表示され、探しやすくなっています。

AirTagとの比較

AirTag

バッテリー

AirTagはボタン電池交換式ですが、MAMORIOは使い捨てです。

1つ2,480円で1年間持続するのですが、やはりもったいない感じはしてしまいますね。
※半年使用後、割引価格で買い替え可能です

AR機能

AirTagU1ChipMAMORIOのAR機能ですが「だいたいこの辺」という程度でした。

AirTagでは、U1チップを使用してタグの場所を数十センチ単位の精度で検知可能となっています。

すれ違い通信

MAMORIOに搭載されている「みんなで探す」機能は、MAMORIOアプリをインストールしているスマホとすれ違ったときにのみ効果があります。

しかし、そもそもMAMORIOを使用している人が少ない上、人とすれ違うことの少ない田舎では致命的です。

一方、AirTagはiPhoneであればアプリを入れていなくてもタグを認識してくれます
Apple iphone12 airtag findmyapp 042021
iPhone使用者の多い日本では圧倒的にAirTagが有利でしょう。

音の再生

AirTag1MAMORIOはスピーカーが内蔵されていないため、タグから音を再生することができません

そのため、「近くにある」ことがわかっても「具体的な場所」はわかりません。

置き忘れ通知

MAMORIOは、スマホとの距離が離れると置き忘れを防ぐための通知をしてくれます。

AirTagにはこのような機能はありません。

ただし精度にはやや難ありで、近くにあるのに通知されたり、離れても通知されなかったりとばらつきがありました。

耐水性能

残念ながら、MAMORIOには耐水性能はありません

AirTagはIP67相当の耐水性能があるため、傘や自転車などのトラッキングにも使用できると思われます。

まとめ

MAMORIOはBluetoothのみで、置き忘れ防止機能やAR機能を搭載した点がとても素晴らしいと思いました。

そして、何より小さくて軽いことです。

どこにでも着けられるので、まさに「タグ」でした。

Tileのように、タグが鳴る機能もないので正確な位置把握には向いていないようです。

果たして、AirTagはどこまでの精度と機能を持っているのか、非常に楽しみです。

【紛失防止タグ】AirTag、Tile、MAMORIO3種比較4月21日(水)深夜、『AirTag』が正式に発表されました。 そこで、すでに販売されている紛失防止タグの『Tile』『MAMOR...