Apple

【iPad・Macでプレゼン】Keynoteの便利な使い方紹介!【遠隔操作】

KeynoteRemote操作

iPhone、iPad、Macに入っている無料プレゼンテーション「Keynote

プレゼンと言ったら、パワポことMicrosoftのPowerPointを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかし、このKeynoteは無料でありながら、PowerPointに匹敵するほどの機能と便利さを兼ね備えているのです。

特にiPhoneとiPadなどの2台以上のApple製品をお持ちであれば、PowerPointを超える便利さであるといえます!

今回は、そんなKeynoteの便利な使い方の1つ、Keynoteを遠隔で操作する方法をご紹介したいと思います。

基本操作や基本的な使い方は、Apple公式サポートをご覧ください。

Keynoteとは

KeynoteLogo
まず初めに、簡単にKeynoteの紹介をします。

Keynoteは Appleが開発したプレゼンテーションアプリで、iPhoneなどのApple製品には初めからインストールされている無料アプリです。

Appleの発表会などでも使われているプレゼンテーションアプリで、必要十分な機能で魅力的なプレゼン資料が作れます。

iPhoneでもガッツリ作成できる

IPhone Keynote
このKeynoteの魅力は、iPhoneやiPadなどでもほぼフル機能でプレゼン作成できるところです。

プレゼンの資料はパソコンで時間をかけて作るもの、という意識の方が多いと思います。

しかし、最近ではiPhone、iPadの性能が上がり、ノートパソコンを超えたとまで言われています。

パソコンに向かって作業をするだけでなく、ふと思いついた瞬間に修正や作成できるのが魅力的です。

iPad・MacをiPhoneで操作

ここからが本番です!

なんと Keynoteは、iPhone以外にiPadやMacBookなどのApple製品を持っていれば、Keynoteを遠隔操作することができるのです!

これは、KeynoteのRemoteという機能で、iPhoneからiPadやMacのプレゼンを操作できるというものです。

よく、パソコンをプロジェクターに接続して、パワポ用のリモコンで操作している方を見かけますよね。

そのリモコンをiPhoneで代用できるのです。

それどころか、iPhoneであれば発表者用のノートを見たり、レーザーポインターはもちろん 書き込みすらできます。
iPhoneでRemoteiPhoneでRemoteレーザーポインター次のスライドも確認できるため、プレゼンするときには最高のリモコンです。

ちなみにiPhone側の表示は、右上の×マークの隣のボタンで設定ができます。
iPhoneでRemote設定

実際の設定方法は、以下のボタンから表示できます。

iPadのRemote設定方法はこちら
まずは、プレゼンを映し出すiPadで Keynoteを開きます

その後、再生したいKeynoteを開いて右上の「・・・」マークをタップします。
すると、「リモコンを許可」というボタンがあるのでタップしてください。
IPad設定1
その後、「Remoteを有効にする」スイッチをオンにして待機します。

その間に、リモコンとして使いたいデバイス(iPhone)でもKeynoteを開き、右上に再生マークのついたiPhoneのボタンをタップしてください。
IPhone設定1※ファイルを開いていると、このボタンがないので左上からファイル選択画面に戻ってください。

そして、iPhoneは以下の画面が表示された状態にしておきます。
iPhoneでRemote設定7すると、iPad側にiPhoneの名前が出るので「リンク」をタップしてください。
IPad設定2すると、確認のためのパスコードがiPhoneとiPadに表示されるのでiPad側で認証してください。
IPhone設定2
これで、接続が完了です。

MacのRemote設定方法はこちら
まずは、MacでKeynoteを開きます。

その後、再生したいファイルを開き、左上からKeynoteの環境設定を開きます。
MacRemote1そして、Remoteを選び、「有効にする」にチェックを入れます。
MacRemote2このまま、iPhoneでKeynoteを開き、右上に再生マークのついたiPhoneの絵をタップしてください。
IPhone設定1※ファイルを開いていると、このボタンがないので左上からファイル選択画面に戻ってください。

そして、iPhoneは以下の画面が表示された状態にしておきます。
iPhoneでRemote設定7その後、Mac側にiPhoneの名前が表示されるので「リンク」をクリックします。

すると、iPhoneとMacに4桁のコードが表示されるので同じことを確認して、Mac側で認証します。

これで設定が完了です。

既にiPhoneに他のデバイスを登録している場合
iPhoneを他のMacなどにリモコンとして登録していると、以下のように登録済みのデバイスを探してしまうので、新しいデバイスを追加できません。
iPhoneでRemote設定6そこで、左上の「デバイス」というボタンをタップします。

そして、一番下の「デバイスを追加」ボタンをタップします。
iPhoneでRemote設定5すると、最初の画面が変わり 新しいデバイスを登録できるようになります。
iPhoneでRemote設定7


iPhoneをAppleWatchで操作

iPadをお持ちでない方も、AppleWatchをお持ちであれば、Keynoteの操作ができます。

iPhoneをプロジェクターに接続し、AppleWatchで遠隔操作という構成です。

ただし、AppleWatchでの操作は限られており、次のスライド・前のスライド・終了の3つの操作しかできません。

特に接続の設定などはなく、iPhoneでKeynoteを開いてAppleWatchでもKeynoteを開くだけです。

AppleWatchKeynote

前のスライドに戻る・終了する場合には、画面をギュッと押し込みます。
AppleWatchKeynote2

なお、iPhoneもiPadもAppleWatchもお持ちの方は、先ほどのRemoteでiPhoneをリモコンに設定していれば、AppleWatchでiPad(Mac)の操作もできます

Windowsでも使える!

ちなみに、誤解されている方が多いのですが、WindowsのパソコンでもKeynoteを使うことができます。

もちろん無料で。

iCloudのアカウントを持っている必要があるのですが、(iPhoneなどをお持ちであれば大丈夫)ブラウザからiCloudにアクセスします。

そして、Keynoteを選ぶだけです。ICloud版Keynote

自宅や会社のパソコンがWindowsでも、編集ができますね。
※iPhoneでWindowsの遠隔操作はできません。

まとめ

今回紹介した遠隔操作はApple製品同士ならではの連携です。
Apple製品の魅力は、このような連携が素晴らしいところにもありますね。

ぜひ、今回紹介した内容をお役に立てていただければと思います。

仕事におすすめiPadアプリ
【仕事効率化】iPadを仕事で活用するためのアプリ10選【仕事術】最近、仕事やプライベートでiPadを使っている人が増えてきました。 私は、大学時代に初めてiPadを手に入れて、卒論作成やプレゼンで活...
仕事で使うならどのiPadがおすすめか
【2020年】仕事で使うならどのiPadがおすすめ?【iPad仕事術】仕事では4年以上iPadを活用し、今までに10台ものiPadを使ってきた私が、仕事に最適なiPadはどれなのかを解説します。 ht...