fbpx
Education

【MacでWindowsが使える】Macを使う教員におすすめ『Parallels Desktop』とは

以前、「教員にもMacはおすすめできる」という内容で記事を書きました。

Macは教員にもおすすめ
【背中を押します!】Macは教員にもおすすめです!教育界では未だに一太郎ファイルが多用されている中、私は職場でただ一人Macを使っています。 なぜMacを使うのか、教員でもMacは...

しかし、教育現場はWindowsが主流で、Macでは使えないようなソフト(一太郎やデジタル教科書など)を扱うこともあります。

そんな時に「Parallels Desktop」があれば、MacでWindowsを起動することができます。

Parallels Desktopとは

Parallels1今回ご紹介する「Parallels Desktop」は、Macで使用するアプリケーションです。

Macにこのアプリをインストールし、WindowsなどのOSを読み込むことで、Mac上でWindowsなどの他OSが起動できるようになります。

これにより、Windowsでしか利用できないソフトWindowsでしか開くことのできないデータが使えるようになります。

Boot Campとの違い

Apple Boot Camp altIntelのCPUを搭載しているMacは、Boot Campという機能でWindows等の他OSを起動することが可能ですが、毎回再起動が必要でした。

しかし、Parallels DesktopはMacのアプリなので、SafariやExcelなどのアプリのようにボタン一つでWindowsが起動できます。

さらにデータのやり取りも可能で、Macで作成していたWordデータをWindowsで編集することもできます。

また、M1チップ搭載MacではBoot Campが使用できなくなりましたが、Parallels Desktopは利用可能です。
(※WindowsのARM版が販売されていないため暫定的ではある)

M1WindowsThumbnail
【無料体験あり】M1 MacでWindowsを使う方法【Parallels】M1チップ搭載のMacでもWindows版が暫定的に利用可能となったので、先日購入したM1Mac miniで試してみました。 この...

Parallels Desktopのメリット

Parallels Desktopのメリットをご紹介します。

メリット

Macのジェスチャー利用可能
MacOSと同時に利用できる
Windowsアプリを1クリック起動
OSごと外部SSDに保存可能
豊富なおまけ機能

Macのジェスチャー利用可能

MultitouchGestureMacの特徴とも言える多彩なジェスチャー操作がParallels Desktopでも利用できます

2本指スワイプ、3本指スワイプ、ピンチイン、ピンチアウトなどそのままの操作感でWindowsを動かせるので非常に快適です。

また、Macのショートカットも利用可能で、スクリーンショットもいつも通り撮ることが可能です。

Macでスクリーンショットを撮っているので、保存先もMac上に保存されます。

MacOSと同時利用できる

Parallels DesktopはMacのアプリなので、MacOS上でWindowsを起動します。

したがって、MacOSとWindowsOSが同時に起動していることになります。

つまり Macでしか使えないアプリ、Windowsでしか使えないソフトを同時に利用できるということです。

さらに、Parallels Desktopを使うとデータのドラッグ&ドロップができます

  1. drag_and_drop.mp4


動画はParallels公式より引用

MacOS上にあるデータをWindowsに移動させて、Windows上で編集するといったことが可能になるわけです。

Windows内のアプリを1クリック起動

  1. lightningFast.mp4


動画はParallels公式より引用

Parallels Desktopでは、インストールしたWindowsソフトをMacOS上のDockに登録することができます。

これにより、Windowsを起動してソフトを立ち上げるといった2ステップが、MacのDockからアイコンを1クリックするだけになります。

しかも起動が超高速で、Macのアプリを起動する場合と遜色がないほどです。

OSごと外部SSDに保存可能

1つのPCで複数のOSを使用すると、どうしても多くの容量を必要とします。

Parallels DesktopはインストールしたOS、そのOS内のデータをまとめて外部のストレージに保存することができます。Parallels3そして、外部ストレージ上でOSを起動させることができるのでMacのストレージを圧迫することがありません。

外部ストレージにSSDを使うことで速度の低下を防ぐことができます。

豊富なおまけ機能

Parallels DesktopはMac上でWindowsを起動するだけでなく、Macで利用できる便利な機能がたくさん搭載されています。

おまけ機能

クリーンドライブ
メモリ解放
アプリアンインストール
ウィンドウマネージャー
クリップボード履歴表示
デスクトップファイルの非表示

これらはほんの一部ですが、1つひとつが数千円のアプリでもいいレベルの機能となっています。

クリーンドライブ

Parallels6Mac内の不要なデータを検索し削除することのできる機能

メモリ解放

Parallels9RAMメモリの最適化でMacの動作を軽くする機能

アプリアンインストール

Parallels4Macのアプリのデータも含めてアンインストールする機能

上3つはClean My Mac(4,400円)などのアプリでも利用できます。

ウィンドウマネージャー

Parallels5アプリウィンドウを画面の半分、4分の1などにサイズ変更してくれる機能

Magnet(980円)やBetterSnapTool(370円)などのアプリと同機能です。

クリップボード履歴

Parallels7コピーしたものの履歴から呼び出すことができる機能

Alfred(29ユーロ)やPaste(840円)などのアプリと同機能です。

デスクトップファイルの非表示

Parallels8散らかったデスクトップを何もない状態に見せる機能

HiddenMe(無料)と同機能です。

Parallels Desktopのデメリット

決して多くはないですが、Parallels Desktopのデメリットもお伝えしておこうと思います。

デメリット

サブスク制
メモリはMacと共有

サブスク制

Parallels Desktopはパッケージで購入できますが、パッケージ内にはインストールするためのリンクとアクティベーションコードが記載されているだけです。

基本的に1年契約となり、1年後には追加で購入する必要があります。

したがって、使用頻度の低い人はBoot Campの方がお得になると思います。

しかし、M1チップ搭載MacはBoot Campが使用できなくなったためParallels Desktopなどの仮想化アプリが必要となります。

ARM版Windowsは販売されていないので注意が必要

メモリはMacと共有

Parallels DesktopはMac上で起動するため、RAMメモリをMacと分け合って使用します。

Parallels DesktopでWindowsが使用するメモリの上限を設定できますが、8GBメモリを積んでいる場合はかなり厳しいと思われます。

また、Parallels Desktopスタンダード版では、RAMメモリを8GBまでしか割り振れないのでWindows上の動作が重くなりがちです。

※Pro版では128GBまで対応しています。

学生・教員割引あり

Parallels2Parallels Desktopは学生・教員向けにEducation Editionが販売されています。

Amazonなどでは販売されておらず、Apple公式サイトでしか見つけることができませんでしたが、4,000円ほど安く買えます。

Pro版は公式サイトで購入できます。

教員割引
教員割引のある商品・サービス 5選携帯電話料金などでよく耳にする「学割」ですが、実は教職員にも様々なサービスで同様の割引があることをご存知でしょうか 今回は、その中でも...

別途Windowsの購入が必要

Parallels DesktopでWindowsを使うためには、Parallels DesktopだけでなくWindowsも購入する必要があります

まとめ

職員PCがWindowsであれば、基本的に個人のMacでWindowsを利用する必要はないと思いますが、どうしてもWindowsが必要という人にはおすすめです。

私は、デジタル採点をするためにParallels Desktopを使用しています。

デジらく採点2
【仕事効率化】デジタル採点は個人でもできる!【デジらく採点】中学・高校の先生方はそろそろテストの時期ですね。 テストといえば採点地獄です。 1クラス1時間で終われば早い方なのではないで...

Parallels DesktopにはChromebook用もあるので、必要な方は公式サイトをチェックしてみてください。