fbpx
Mac

【無料体験あり】M1 MacでWindowsを使う方法【Parallels】

M1WindowsThumbnail

M1チップ搭載のMacでもWindows版が暫定的に利用可能となったので、先日購入したM1Mac miniで試してみました。

この記事では、M1チップ搭載のMacでWindowsを使う方法をご紹介していきます。

使用するソフト、WindowsOSのどちらもプレビューとして無料で体験できるので、気になる人は試してみてください。

使用するソフト

M1チップ搭載のMacでWindowsを利用するには、仮想化ソフトと呼ばれるソフトが必要です。

今回は、M1 Macに対応している『Parallels Desktop』を使用します。

まずは、Parallels Desktopをダウンロードします。

今回はお試しなのでトライアル版で大丈夫です。ParallelsM1 1パッケージのダウンロード後、インストールまで済ませておいてください。

Windows Insider Programに登録

続いて、仮想化ソフトにインストールするWindows 10をダウンロードします。

しかし、M1に使用できるARM版Windowsは一般販売されていません。

そこで開発段階のWindowsを利用できるようにInsider Programというメンバーに登録します。

その後以下のサイトに行き、ARM版のWIndows 10をダウンロードしましょう。

上のボタンからダウンロードページに移行し、青いボタンからダウンロードします。ParallelsM1 2

Parallels DesktopにWindowsをインストール

Parallels DesktopとWindows 10が用意できたら、いよいよWindowsをインストールしていきます。

まずはParallels Desktopを開きます。

すると、このような画面になるので「続行」をクリック。ParallelsM1 4次の画面もそのまま「続行」。ParallelsM1 5ここで、あらかじめダウンロードしておいたWindowsが自動で選択されると思います。ParallelsM1 6自動選択されない場合は画面下部の「手動(自動)で選択する」ボタンをクリックしてダウンロードしたデータを選択してください。

次の画面では、Windowsをどのような目的で使用するのか聞かれるので、目的にあったものを選択して「続行」をクリックしてください。ParallelsM1 7次の画面が最後です。

OSの名前と保存場所を選んで「作成」をクリックするとWindowsのインストールが開始します。ParallelsM1 8それなりの容量を必要としますので、余裕のない場合は外付けSSD等に保存してください。

インストールが完了すると、Windowsが起動します。ParallelsM1 9

Parallels上でのWindowsについて

現在M1 Macで利用できるWindowsは試用版です。

重要なファイルなどの扱いは避けることをお勧めします。

MicrosoftがARM版Windowsを正式に発売することを待ちましょう。

なお、Parallels DesktopはMacでWindowsを起動するだけでなく、以下のようなさまざまな機能があります。

Parallelsの機能

クリーンドライブ
メモリ解放
アプリアンインストール
ウィンドウマネージャー
クリップボード履歴表示
デスクトップファイルの非表示
などなど…

詳しくは以下の記事で紹介しています。

【MacでWindowsが使える】Macを使う教員におすすめ『Parallels Desktop』とは以前、「教員にもMacはおすすめできる」という内容で記事を書きました。 https://technica-apple.com/47...

まとめ

いかがだったでしょうか

M1 Macでも無料でWindowsを試すことができるので気になっていた人は是非お試しください。

【MacでWindowsが使える】Macを使う教員におすすめ『Parallels Desktop』とは以前、「教員にもMacはおすすめできる」という内容で記事を書きました。 https://technica-apple.com/47...