fbpx
Apple

教員割引のある商品・サービス 5選

教員割引

携帯電話料金などでよく耳にする「学割」ですが、実は教職員にも様々なサービスで同様の割引があることをご存知でしょうか

今回は、その中でも私がオススメしたい商品・サービスを5つご紹介します。
RakutenRebateiPad

Apple製品

AppleEducationまずはApple製品にも教職員割引があることをお伝えします!

Apple製品は基本的に値引きをせず、家電量販店でもApple公式価格と同等でしか販売されません。

しかし、Appleの公式サイトの「学生・教職員ストア」ではMacやiPadが特別価格で購入することができます。

値段と割引額は以下の通りです。

iPad iPad mini iPad Air iPad Pro11′ iPad Pro12.9′
一般価格
(税別)
34,800円〜 45,800円〜 62,800円〜 84,800円〜 104,800円〜
教員価格
(税別)
32,800円〜 43,800円〜 57,800円〜 79,800円〜 94,800円〜
差額
(税別)
2,000円 2,000円 5,000円 5,000円 10,000円

このほかApplePenciliMacなども割引対象となっています。

さらに、対象製品であれば楽天リーベイツというポイント還元サイトからAppleStoreのページにいくだけで楽天ポイントが最大で5%還元されます。

Apple Pro App Bundle

FinalCutProX続いて、Appleの公式アプリの割引についてです。

Appleは、公式で映像編集アプリ、音楽編集アプリなどを販売しています。

これらはMacでしか使用できないものの、プロも使用するようなアプリです。

これらがセットになった、「教育機関向けPro Appバンドル」というものがあります。
AppleProAppBundle
このAppバンドルには以下のアプリが含まれています。

Pro Appバンドル

Final Cut Pro X
Motion 5
Compressor 4
Logic Pro X
MainStage 3

これらのアプリが全てダウンロードできて、21,818円(税別)です。

もし、一般価格で購入すると、

Final Cut Pro X⇨36,800円
Motion 5⇨36,800円
Compressor 4⇨6,100円
Logic Pro X⇨24,000円
MainStage 3⇨3,680円

合計:107,380円+税

割引額は、驚異の85,562円+税となりました!

教員をしていると、行事の動画を作成したり、授業動画を撮影したりすることもあります。

もちろん、プライベート動画の編集にも使えますので、買っておいて損はないでしょう。

Appleのソフトは買い切り型で、無料で更新でき、長く使えるところも魅力です。

Parallels Desktop

Parallels15続いて、MacでWindowsを使うときに便利なParallelsというソフトのご紹介です。

Macに対応していないソフトなど、Windowsがないと困る場面もありますよね。

しかしWindowsPCを買うとなると、またお金がたくさんかかります。

そこでオススメなのが、MacでWindowsを起動する方法です。

このParallelsというソフトは、MacOS上で一つのアプリとしてWindowsを起動することができるソフトです。

Mac上で起動するので、データのコピー&ペーストやMacのジェスチャー操作もそのまま可能です。

このParallelsは通常9,328円ですが、Education Editionは5,478円で購入できます。

Amazonなどでは販売されておらず、Apple公式サイトでしか見つけることができませんでした。

Parallelsの他にWindowsOSを購入する必要があります!

【MacでWindowsが使える】Macを使う教員におすすめ『Parallels Desktop』とは以前、「教員にもMacはおすすめできる」という内容で記事を書きました。 https://technica-apple.com/47...



Office

Excel
続いて、仕事では必須ソフトのOfficeです。

こちらもAcademic版が存在します。

Office365のようなサブスクではなく、買い切りタイプになります。

しかしAmazonでは、Academic版はPrimeStudentという学生のみのPrime会員でないと安くなりません。

教員が買える 買い切りで一番安いものは「Home & Business」で、34,443円でした。

となると、サブスクのOffice365 solo(Personal)も視野に入れるべきかもしれません。

ただし、Macであれば 更に安価な「Office 2019 Academic for Mac」(買い切りタイプ)もあります。

こちらは、Amazonでは35,444円ですが、Apple公式サイトでは16,800円でした!

Macユーザーであれば迷わずこちらでいいでしょう!

Adobe CC

AdobeCCThumbnail最後に、AdobeのCreative Cloudです。

記事の前半で、AppleのプロAppバンドルをご紹介しました。

しかし、あちらはMacユーザー限定です。

こちらのAdobeCCはWindowsでも使用可能なソフトです。

動画編集のPremierPro、写真編集のPhotoShop、イラストツールのIllustratorなどのソフトがあります。

ただし、AdobeCCはサブスクなので、毎月もしくは毎年利用料金が発生します。

一般であれば、「コンプリートプラン」で月5,680円です。
AdobeCCNormal
一方、学生・教職員であれば、最初の1年間は月1,980円となります。
2年目以降は2,980円になります。
AdobeCCAcademic
最初の一年だけ考えると、1年で37,920円安くなります。

まとめ

いろんな分野に関係してくる教育現場では、様々なソフトやデバイスを活用することで幅の広い教育が可能になると思います。

このような教員割引を上手に活用して、より良い教育につなげていただければと思います。
RakutenRebateiPad