Education

【背中を押します!】Macは教員にもおすすめです!【購入は自己責任】

Macは教員にもおすすめ

教育界では未だに一太郎ファイルが多用されている中、私は職場でただ一人Macを使っています。

なぜMacを使うのか、教員でもMacは使いやすいのかといった質問をたくさんいただきます。

今回は、Macを欲しいけど今一歩踏み出せない先生方の背中を押すための記事となっています。

Windows一強説

そもそも、教育界に限らずPCのOSは圧倒的にWindowsです。
PCOS比率
画像:マイナビニュースより

さらに教育界では、冒頭でも述べたように一太郎という文書作成ソフトを好んで使う人が多いです。

他にも、デジタル教科書やデジタル採点などを使っている学校も多いかと思いますが、そのほとんどがWindowsにしか対応していません。

MacでWindowsを使用できる

MacにはBootcampと呼ばれる機能が備わっており、Mac以外のOSも起動することができます。

もちろん、WindowsもAmazonで1万円ほどで購入すれば使用できます。

ただ、OSの切り替えのたびに再起動が必要なので、個人的にはParallelsというMacのアプリ上でWindowsを起動する方法をおすすめします。

これによって、一太郎ファイルでもデジタル教科書でも開くことができるようになります。

Officeは基本問題ない

MacWordWordやExcelといったOffice系ソフトについては、Mac版が出ているのでMacで使用できます。

まれに、Excelのマクロが動かないなどの不具合があるようですが、私は今のところ一切ありません。

また、その使用感はWindowsのものと同じです。

むしろ、トラックパッドの使いやすさもあり、Macの方が使いやすいと感じています。

安定性が高い

実は私も、5年ほど前まではずっとWindows(XP〜8)を使っていました。

私がWindowsから離れた理由は、Windows10の使いづらさです。

頻度の高すぎる更新プログラム、コントロールパネル等の設定項目の使いづらさに嫌気が差してしまいました。。。

一方Macは、操作方法やショートカットなどの違いはあれど、安定した動作と、iPhoneのような使いやすさが魅力です。

ソフト・ハード共にAppleが制作していることが、安定性にもつながっているのかなと思います。

安定した動作と使いやすさ

iPhone、iPadを使用している私は Macに変更してすぐに慣れることができました。
Macアプリ一覧アプリ一覧画面はiPadの画面を見ているかのようですよね。

また、リマインダー、カレンダー、写真、パスワードなどのiPhone、iPadにあるデータが全て自動でMacに同期されるのもMacの良さです。

iPhone、iPadにあるデータが自動同期

AirDropや、iPhoneでコピーしたものをMacに貼り付けできるユニバーサルクリップボードといったApple製品同士の連携の良さも大きな魅力です。

実はそこまで高くない

Mac=高い と思い込んでいる人が多いようですが、そこまで大きな差はありません。

同じようなスペックを持つノートパソコンを並べてみると以下のようになります。
MacWindows比較
ディスプレイ精度やTouchID搭載などを加味すれば、Macの方がお得に見えますね。

もちろんRyzenなどを積んでいるノートパソコンと比べてしまうと大きな差が出てきますが、同じIntel製CPUであれば大差ありません。

サポートの手厚さ

AppleStoreAppleといえば、そのサポートの手厚さです。

購入時にApple care+に加入すれば、落として壊れたとしても格安で修理が可能です。

わからないことは電話をすれば、丁寧に対応してくれます。

もちろんAppleStoreに行けば手取り足取り教えてくれます!

番外編①:スタイリング

MacBookDeskSetSampleアルミニウムで包まれた薄い筐体に、鏡面仕上げのAppleロゴ

惚れ惚れするスタイリングですよね。
MacBookTouchBar
仕事道具が自分の好きなもの・かっこいいものだと自然とモチベーションも上がるものです。

番外編②:リセールバリューが高い

メルカリ私はApple製品を毎年のように購入しています。

なぜそんなことが可能かというと、新製品を購入すると同時に旧製品をメルカリで売っているからです。

Apple製品は品質・人気が高く、1〜2年の型落ち製品も高く売ることができます。

状態が良ければ、元値の半額以上で売れますので非常にお得になります。

ちなみにメルカリに登録する際に、招待コード「QDNRNA」を入力していただければ500円分のポイントがもらえます。

まとめ

教員だからMacは向かないのでは」といったことはないと思います。

教員でも、少ししか使わなくても、欲しいのであれば挑戦してみる価値はあると思います。

皆さんの思っている以上に敷居は高くありませんよ!

教員割引
教員割引のある商品・サービス 5選携帯電話料金などでよく耳にする「学割」ですが、実は教職員にも様々なサービスで同様の割引があることをご存知でしょうか 今回は、その中...
Which is the best MacBook for me ?
【比較】MacBookAirとMacBookProどっちがいい?【MacBookの選び方】MacBookってかっこいいですよね。 スタイリッシュなデザインに惹きつけられてしまいます。 今回はMacBookを買いたいけど、ど...