fbpx
Education

教育現場デジタル化推進計画

教育現場デジタル化計画

GIGAスクール構想で騒がしい教育現場ですが、実際にはまだまだデジタル化の波が来ていません。

この記事では、デジタル化できると思われるもの・実際に私がデジタル化しているものご紹介します。

デジタル化することで仕事が効率化されたり、利便性が上がったりするものがたくさんありますのでご覧ください!

会議資料のデジタル化

書類の山
まずは、毎回大量の書類が配られる職員会議資料です。

これらの書類は年度末のシュレッダー処理にも苦労します。

初めからPDF形式で職員PCに転送することで、紛失の危険性も処理にかかる時間も大幅に減ります。

さらに、PDFであればテキスト検索で目的の資料がすぐに見つけられます。

どうしても必要な場合のみ印刷して使用すればいいのです。

しかし、実際はかなりハードルが高いのも事実です。

会議資料PDF配布の壁

メモがしづらい
PC環境に依存する
毎回資料のPDF化が必要

スキャンしてPDF化

そのため、私は個人的に会議資料のPDF化をしています。

紙ベースで配られた資料をスキャナーでスキャンしてiPadに入れて使っています。

詳しくは以下の記事へ。

iPadデジタル教科書化
【iPad活用】教科書・書類をPDF化してiPadに取り込もう【勉強術】 今回は、教科書をPDFにして取り込み、iPadを「デジタル教科書」にする方法をご紹介します! https://techni...

教科書のデジタル化

教科書のデジタル化
続いては教科書のデジタル化です。

と言ってもデジタル教科書ではありません。

各教科書会社から出されているデジタル教科書は、機能をつめすぎているが故に使いづらい印象です。

そこで、私は個人的に教科書を購入しPDF化して使っています。

これにより、教材研究にも授業にも使いやすくなります。

教員のためのGoodNotes活用法
【iPad活用】教員のGoodNotes活用法【ICT活用】以前の記事で教員のためのiPadを使った仕事効率化を説明しました。 その中でも反響の大きかった、手書きアプリGoodNotes 5を活...

予定管理のデジタル化

IPadminiCalendarApp私の学校では、年間行事予定や月間行事予定も紙ベースで配布されます。

しかし、私は予定管理も全てデジタルで行います。

予定のデジタル管理は多くのメリットがあります。

予定デジタル化のメリット

予定変更が簡単
事前に通知が来る
予定の共有もできる
複数デバイスで確認できる
予定の繰り返し登録もできる
写真や位置情報等が添付できる

行事予定をデジタル化することで共有や変更が簡単にできるようになり、職員だけでなく保護者への予定周知にも便利です。

Googleカレンダーで作成して一度リンクを共有すれば、あとはリアルタイムで更新できます。

iPadで教員の仕事効率化
【仕事効率化】教員におすすめiPad活用術【2021年】学校の業務は多岐にわたり、書類の数も膨大です。 いかに効率的に仕事をこなすかが残業を減らす大きな鍵になります。 今回はiPadを使った...

テストのデジタル化

一人一台のタブレットが実現すればテストのデジタル化も可能です。

場合によっては採点も自動化できます。

一人一台のタブレットがない学校に勤める私は、パソコンによるデジタル採点をしています。

デジらく採点

デジらく採点定期テストなどにはスキャネットが提供するデジらく採点がおすすめです。

マークシートを購入するとソフトが無料というもので、記述にも対応しています。

マークや記号で答える問題は自動採点ができ、記述問題も同じ問題を並べて一気に丸付けができます。デジらく採点

採点結果は生徒用にPDFで出力、成績処理用にはExcel出力ができます。

また、GoogleClassroomと連携してテスト返却をオンライン上ですることも可能です。

デジらく採点2
【仕事効率化】デジタル採点は個人でもできる!【デジらく採点】中学・高校の先生方はそろそろテストの時期ですね。 テストといえば採点地獄です。 1クラス1時間で終われば早い方なのではないで...

GoogleForms

GoogleForms生徒一人一台のタブレットが支給されていれば、GoogleFormsというGoogleが提供しているアンケート機能を活用できます。

このGoogleFormsは選択肢から選ぶ問題だけでなく、記述式にも対応しており、自動採点もしてくれます。

定期テストより確認テストのような小規模テストに向いていると思います。GoogleFormsTest私がGoogleFormsで作成した上図のテストはこちらから見ることができます。


アンケートのデジタル化

GoogleForms2テストのデジタル化でもご紹介したGoogleFormsを活用することで、学校評価アンケートもデジタルにできます。

記名を必須にしたり、集計の自動化ができます。

出欠席のデジタル化

同じく、GoogleFormsを活用すると出欠席の連絡もデジタル化できます。

これで朝の電話対応地獄から解放され、全職員に一瞬で出欠席情報を共有できます。

プリント類のデジタル化

Google Classroom Logoテストのデジタル化でも少しだけご紹介したGoogle Classroomですが、Google Classroomを使うことでPDF書類の配布も可能になります。

これにより、学級通信等のプリント配布もデジタル化できます。

そのほかGoogle Classroomには、チャット、テレビ通話、予定管理、課題配布・回収等の機能があります。

部活動連絡のデジタル化


続いては部活動に関するデジタル化です。

部活動は保護者との細かい連絡が必要です。

予定の変更が多く、出欠確認や試合会場・試合日程の周知などを連絡網や紙ベースで伝えるのは大変です。

そこで、BANDというLINEと同じ会社が運営するアプリを利用し始めました。

今では、このアプリ一つで全て済んでいます。

BANDthumbnail
【部活動】ベスト連絡用アプリ『BAND』【スポーツクラブ】部活動やクラブの連絡にはどのような方法を使っているでしょうか? 昔ながらの連絡網を使っているところは数少ないのではないでしょうか。 ...

勤務時間記録のデジタル化

出勤簿に押印するという昭和文化が残るのは教育現場くらいだと思います。

そして、あまりにもブラックな環境も世間に知られるようになってきました。

それでも一向に改善されないため、個人的に勤務時間を記録することにしました。

しかし、手入力で記録するのではなく、アプリで全自動記録です。

LifeCycleThumbnail
LifeCycleで勤務時間を自動記録いまだに出勤簿に押印しているのは学校現場くらいかと思いますが、最近では出退勤時間の記録を取らされるようになりました。 もちろんタイムカ...

私の職場では一時期、ICカードを利用した出退勤記録を行うシステムを導入するとか言われていましたが、無かったことになったようです…

集会のデジタル化

GoogleMeetコロナウイルスの影響で集会もできなくなってきています。

そこで便利なのがGoogle Meetやzoomといったオンライン会議サービスです。

このサービスを利用することで、リアルタイムかつ双方向のやりとりが可能になります。

環境的に難しい場合には、事前に録画したものを放送したりすることも可能ですね。

まとめ

教育現場のデジタル化には大量の資金と時間と覚悟が必要です。

GIGAスクール構想はその第一歩で、数年単位ではなく10年近くかけて現場のデジタル化が進んでいくのかなと思っています。

それまでは個人的にデジタル化を進めて仕事効率化を図りたいですね!

iPadで教員の仕事効率化
【仕事効率化】教員におすすめiPad活用術【2021年】学校の業務は多岐にわたり、書類の数も膨大です。 いかに効率的に仕事をこなすかが残業を減らす大きな鍵になります。 今回はiPadを使った...