Apple

【仕事術】iPadの「ファイル」アプリ活用法!【iPad活用法】

ファイルアプリ活用法

「ファイル」という純正アプリはご存知でしょうか?

このアプリを活用することで、iPadはさらにPCライクに使えるようになります。

iPhoneやMacもお持ちであれば、さらに効率的に活用できますので、ぜひご覧ください!

ファイルアプリとは

アイコン表示
「ファイル」アプリとは、Appleが提供している純正アプリで、様々なデータをまとめて管理することのできるアプリです。

MacのFinder、Windowsのエクスプローラのようなアプリです。

iPadの中にあるデータを確認できるだけでなく、クラウドにも対応しています。

さらに、このファイルアプリに対応しているアプリのデータにもアクセスできます。
場所
そして、一番の目玉機能はUSBメモリーにもアクセスできるというところです。
iPadにUSBメモリ
今まで、専用のアプリとUSBメモリを使わなければいけませんでしたが、ファイルアプリを使うとパソコンと同じようにデータを扱えるのです。
USB内のデータにもアクセス可能

iPadでUSBメモリーを使う方法
【Lightning】iPadでUSBメモリーを使う方法【変換アダプタ】 と思われている方が多いようですが、実は使えるのです。 今回の記事は、iPadでUSBメモリーを使うために必要な周辺機器、対応ファイル...

便利な使い方

ここからは具体的な使い方をご紹介していきます。

USBメモリーにデータ移行

先ほどご紹介した通り、このアプリを使うことでUSBメモリーを使うことができます。

そこで、以下のようなことができるようになりました!

✅Pagesなどのアプリで作成した書類をPDFに変換して印刷
✅USBに保存してある書類を続きから編集
✅作成したデータをUSBに保存
✅iPadのデータを保存してストレージ確保

職場のプリンターにWi-Fi経由で接続できれば便利ですが、そうでない場合が多いと思います。

そんなときには、書類をPDFに出力してUSBに保存しましょう!

プリンターの多くはUSBの入力ができるので、印刷ができると思います!

また、当たり前ですが、作成したデータをUSBに保存・読み込みができます。

そして、iPadやiPhoneの悩みの一つにストレージ不足があると思います。

そんなときには、データの大きいファイルをUSBに保存することでストレージの節約になります。


iCloudに契約するともっと便利に!

iCloud
ファイルアプリはiCloud driveにもアクセスできます。

iCloud driveはネット上にデータを保存しておくことで、どのデバイスからもデータを扱えるというものです。

iPhone、iPad、Mac、WindowsPCなど複数のデバイスをお持ちであれば、より便利に使うことができます。

私は、ほとんどのデータをiCloud上に保存しています。

iCloudはiPhone、iPadのバックアップや写真データの預け先にもなるので、iCloudストレージのアップグレードを強くオススメします!

オススメ表示形式

ファイルアプリには、3種類の表示形式があります。

まず一つ目が「アイコン表示」です
アイコン表示
続いて、「リスト表示」
リスト表示
最後に「カラム表示」
カラム表示

「アイコン表示」と「リスト表示」は、フォルダを開くと上の階層は見えなくなります。

一方、「カラム表示」は階層が表示されたままなので使いやすいです。

Dockに入れて使いやすく

Dock
iPadの一番下に表示されている、アプリたちの置き場所がDockというものです。

このDockにはよく使うアプリだけでなく、SplitViewやSlideOverで使う頻度の高いアプリを入れましょう!

ファイルアプリには様々なデータを保存できるので、ネット上で見つけた画像なども保存できます。
SplitViewでファイルアプリの活用

まとめ

一見、とっつきにくいアプリですが、iPad活用には欠かせないアプリです。

このアプリが使えるようになると、iPadでできることも増えてくると思います!

是非トライして見てください!