Apple

【Apple製紛失防止タグ】AirTagsの噂まとめ【今年中の発売か!?】

AirTag-1

出る出ると言われながら、1年以上発売されていないAirTagsですが、App Shack氏によりiOS14.3の内部からAirTagsの詳細な情報が発見されました。

この記事では、iOS14.3公開と同時に発売か?とも噂されているAirTagsの情報をまとめてみました。

MAMORIOとAirTag比較
【AirTagと比較】忘れ物防止タグMAMORIO【最新レビュー】昨年から噂されている、Apple純正忘れ物防止タグのAirTagは未だ発表されません。 流石に痺れを切らしてしまい、以前からあったMA...

Apple製紛失防止タグは“AirTags”か

AirTagsConceptApple製の紛失防止タグの噂が出てきた当初、製品名はAppleTagになるのではないかと言われていました。

しかし、去年公開されたiOS13.2の中からAirTagという名前が見つかったことからAirTagという名前になることが濃厚とされています。
AirTag on iOS13.2しかし、製品に関する画像があったわけではなく、あくまで名前だけであるため不明点が多いです。

さらに、ロシアの企業が「AirTag」の商標を売却したとのニュースがありました。

売却先はAppleではありませんでしたが、Appleはダミー会社を使って動くことがよくあるそうです。
今回の売却先にあたる会社もAppleのダミー会社ではないかとみられています。
参考:MacRumors

その後、Appleの公式サポート動画内に「AirTags」という文字が見つかったため、一気に「AirTags」が有力候補となりました。
Airtags settings iphone 1
Screenshot 20200403 0023122 696x476画像はAppleosophyより

ただし、1つのiPhoneに複数のAirTagがペアリングできるという噂もあるので、複数形の”s”がついているという可能性もあります。

どんな機能があるのか

UWBによる高精度探索

AirTagsはiPhoneとBluetooth接続をすると考えられており、iPhone11以降に搭載されているU1チップに対応した独自の新チップR1チップを搭載するのではと言われています。

R1チップはU1チップ同様、UWBに対応するためのチップです。

UWBの詳しい説明は省略しますが、このUWBを使うことによってデバイス同士の位置関係を誤差10センチ単位で把握することができるようです。

このUWBとARを使うことによって室内のどの辺にあるのかを視覚的に見つけるできるようになるそうです。

サウンド再生

また、既存の製品にも備わっているように、サウンドを再生することも可能になると思われます。

iOSデベロッパーのあおいカニ氏がiOS内から以下のような記述を発見しています。


Tap button below to play a sound to locate this tag.
(下のボタンを押すことで音を鳴らし、このタグを探します。)

タグの共有

また、AirTagsは他のユーザーと共有することができる機能も持つようです。


現在ある友人との位置情報共有のように、一時的な共有も可能なようです。

すれ違い通信による検出

TileやMamorioにも搭載されている機能ですが、タグを紛失してiPhoneと接続が切れても、他の人がすれ違うとその人のスマホと通信して位置情報を取得できる機能が搭載される模様です。

紛失モード

さらに、AirTagsをiPhoneで読み取ることで持ち主の情報を取得することもできるようです。

紛失モードにすることで、自分の電話番号を他人に公開し連絡をしてもらえるようにすることができるようです。

個人的には、他人に電話番号を教えるのは怖いですが。。。

バッテリー交換式か

Mamorioなどの他社製紛失防止タグデバイスには、小型なため電池の交換が難しく、使い捨てのものもあります。

しかし、AirTagsはバッテリー交換式なのではないかと考えられています。

その根拠となるのは、先ほどの画像にある「BatterySwap」というデータです。
AirTag on iOS13.2Batteryはバッテリーですね、swapは交換という意味があります。

したがって、AirTagsは使い捨てでも充電式でもなくバッテリー交換式なのではとみられています。(他にバッテリー交換式デバイスも販売されていないですし)

その後、あおいカニ氏がコード内から、CR2032(ボタン電池)という文字を見つけたことから、より濃厚な説となっています。

さらに、iOS14.3に「バッテリー交換の仕方については通り扱い説明書をご覧ください」との記述も発見されました。

サードパーティ製紛失防止タグにも対応か

すでに、TileやMamorioといったメーカーからBluetoothを利用した紛失防止タグが発売されています。

これらのメーカーにとって、Appleの紛失防止タグは非常に脅威で、他社製品も純正の「探す」アプリで探すことができるように要求しているようです。

それに伴ってか、iOS14.3には「Apple製以外の製品を「探す」に追加できます」との記載もあるようです。

アクセサリーも多数発売か

AirTagsは大きなボタンのような形状のため、本体のみではバッグ等に着けることができません。

そこで、AppleはAirTags用に様々なアクセサリーも用意するようです。

以下、Appleが申請した特許に掲載されていた画像です。
AirTagsアクセサリー1AirTagsアクセサリー2引用:AppleInsider
このうち、下の画像のものと思われるアクセサリーが、先日Twitter上に掲載されました。

大小の2サイズ展開か

リーカーで有名なL0vetodream氏がTwitterで以下のような投稿をしたことから、AirTagsには大小の2サイズがあるのではと噂されています。

しかし、これ以外の情報はないため正確性は低いと思われます。

いつ発売されるのか

昨年10月末に発売されるとみられていたAirTagsですが、2020年も終わりに近づいています。

気になる発売日ですが、iOS14.3の中にこれだけのデータが含まれていることを考えると近々発売されるのではないでしょうか。

ジョン・プロッサー氏も以下のようにツイートしています。

「AirPods Studioは遅れているが、AirTagsは発表の準備を進めているようだ。現在、AppleはiOS14.3とともに発表予定で、iOS14.3は来月リリース予定だ

まとめ

去年から焦らされているAirTagsですが、いよいよ発売が近づいてきた感じがしますね。

今年は、9月・10月・11月と3ヶ月連続でスペシャルイベントが開催されているので、AirTagsのためのイベントはなく、プレスリリースのみによるサイレント発表となるのではないでしょうか。