fbpx
Apple

【詳細レビュー】AirTagの機能を詳細検証!

4月30日(金)、Apple純正紛失防止タグのAirTagが発売となりました。

今回の記事では、AirTagの機能の詳細をレビューしていきたいと思います。

【紛失防止タグ】AirTag、Tile、MAMORIO3種比較4月21日(水)深夜、『AirTag』が正式に発表されました。 そこで、すでに販売されている紛失防止タグの『Tile』『MAMOR...

iPhoneへの登録方法

AirTagをiPhoneに登録するのは非常に簡単です。

まず、AirTagに貼られているフィルムを剥がします。
(電源の絶縁体にもなっている)

そして、AirTagをiPhoneに近づけると、接続ボタンが出てきます。AddAirTag1AirTagの名前と、アイコンとなる絵文字を決めて完了です。(名前は自由に登録できます)

AirTagを探す

AirTagを探すにはiPhoneの「探す」アプリを使用します。

「探す」アプリを開き、「持ち物を探す」をタップすると、登録されているAirTagが表示されます。AirTagFind2ここでは、AirTagの現在地をマップ上で確認することができます。

さらに、AirTagを一つ選択すると「サウンドを再生」、「正確な場所を見つける」ことができます。AirTagFind3

サウンドを再生

AirTagをなくした場合に、接続圏内(直線距離で約10m以内)であれば音を鳴らすことができます。

音量を測定したところ、86.2dBを記録しました。(地下鉄の車内レベル)AirTagSoundそれなりに大きい音なので、バッグの中にあってもしっかり聞こえます。

U1チップで「正確な場所を見つける」

また、iPhone11以降のiPhoneを持っていると、U1チップを使ってAirTagを探すことが可能です。

U1チップはデバイス同士の距離と方向を高精度で測定できるものです。

「探す」アプリで探したいAirTagを選択し、「探す」をタップすることでこの機能を使うことができます。AirTagFind4AirTagから1m以上離れていると以下の画像右のようにAirTagの方向が矢印で示されます。AirTagFind11m以内になると、左の画像のように緑色の画面になり、iPhoneの振動や左下のAirTagとの距離を見ながら探すことができます。

この時、右下のスピーカーマークを押すとAirTagから音を鳴らせるので、音を頼りにすることもできます。

電池交換方法

AirTagはボタン電池式なので、電池がなくなった時には交換することで繰り返し使うことが可能です。

電池がなくなってくるとiPhoneに通知されるので、電池切れになる心配もありません。

電池にはCR2032という、100均にも売っているボタン電池を使用します。

電池を交換するには、AirTagのステンレス部分を押しながら左に回しますAirTagBatterySwap1ステンレスの蓋の裏には「+」表記があり、間違えないようになっています。AirTagBatterySwap2電池をセットしたら、ステンレスの蓋にあるツメを本体に合わせて、元に戻します。AirTagBatterySwap3セットできるとAirTagから音が鳴ります。

持ち物のセーフティ通知

AppleはAirTagがストーカー行為に悪用されないよう、「セーフティ通知」という機能を用意しています。

悪意を持った人がAirTagを鞄などに隠し、行動を監視・ストーキングするために使えないようになっています。

もし、自分のものではないAirTagを一定期間所持している時、iPhoneに通知されAirTagから音も鳴るようになっています。

YouTubeの検証動画などを見ていると、数十分程度でiPhoneに通知され、3日間所持し続けているとAirTagから音が鳴るようです。

iPhoneの「探す」アプリの右下「自分」からこの機能を設定できます。(デフォルトでオンになっています)AirTagSecurityMode

友達がAirTagを持っていたら?

もしも、AirTagを持っている友達と長時間一緒にいたらどうなるのか。

AirTagの持ち主(iPhone)が近くにある場合には通知されません

さらに、借りたものにAirTagがついていた場合は、一時的(または永久的)にセーフティ通知をオフにすることもできます。

ただし、セーフティ通知がオフになっただけなので、AirTagの持ち主がAirTagの位置を把握することができてしまうので注意が必要です。

紛失モード

AirTagを外でなくしてしまった場合にはiPhoneの「探す」アプリからAirTagを紛失モードに設定しましょう。

紛失モードを設定するときに、電話番号やメッセージの登録が可能で、見つけた人がNFC認識で確認できます。AirTagLostMode1なお、紛失モードのAirTagはNFCを搭載したAndroidスマホでも電話番号等を確認することが可能です。

置き忘れ防止通知はできるのか

MAMORIOやTileには、タグから離れるとスマホに通知がいく「置き忘れ防止機能」があります。

AirTagには公式でこのような機能はありません。

そこで、「ショートカット」でなんとか同じような機能が作れないかと考えました。

「ショートカット」の「オートメーション」を使うことでBluetoothの設定や位置情報の把握ができます。AirTagAutomationしかし、2つの問題によりAirTagにおける「置き忘れ防止通知」は不可能でした。

1つ目、Bluetoothの接続には対応しているが解除には対応していない。

置き忘れ防止AirTagから離れたら通知AirTagとiPhoneの接続が切れたら通知

つまり、Bluetoothが解除されたことをキーにアクションを起こす必要があるのですが、オートメーションではBluetoothの接続しかキーに設定できませんでした。

2つ目、Bluetooth機器にAirTagは表示されない。

オートメーションでBluetooth機器を選択する際に、AirTagが選択肢にありませんでした。

結論

ショートカットによる「置き忘れ防止通知」は不可能
⇨Apple公式の対応を待つのみ

まとめ

Apple純正のAirTagはiPhoneユーザー同士による巨大なネットワークによって探すことが可能です。

置き忘れ防止通知ができない、サイズがやや大きいなどのデメリットもありますが、紛失した時に一番見つけやすい紛失防止タグはAirTagと言えるでしょう。

純正AirTagレザーキーリングとbelkin AirTagアクセサリーレビュー本日4月30日(金)、AirTagと関連アクセサリーが発売となりました! AirTagの開封記事・動画はすでに多くのメディアが掲載して...