Apple

【iPad活用術】紙の教務必携とデジタル教務必携を比較してみた【教員】

紙とデジタルの教務必携比較してみた

先生方は昔から、『教務必携』なるものをお使いだと思います。

週予定や行事予定、名簿などを管理している手帳ですね。

しかし、私はどうも好きになれず、iPadで全て管理するようにしています。

今回は、紙の教務必携とデジタルの教務必携を比較し、どちらの方が使いやすいのか私なりの意見をご紹介します。

デジタル教務必携とは

まずはじめに、デジタル教務必携とは何かを簡単にご説明します。

デジタル教務必携とは、iPadに取り込んで使うPDF形式のデータで、今回使用するデータはICTeacherさんで販売されているものになります。

PDF版教務必携

こちらのPDFをGoodNotesなどの手書きアプリに読み込んで使用します。

紙とデジタルの比較

紙とデジタルの双方にはメリットとデメリットが両方あると思います。

紙の教務必携

まずは紙の教務必携のメリットから

メリット

・様々な種類がある
・情報漏洩の心配が少ない
・今日の一言などの格言があるものも

教務必携には様々な種類がありますね。

本屋さんにも売っていますね!

そして、紙媒体なので、持ち出さない限り情報漏洩はまずないでしょう。

また、教務必携によっては、「今日の格言」、「学級経営のコツ」などが載っているものもありますね!

それでは、逆にデメリットを見ていきます。

デメリット

・予定表などをのりで貼ると分厚くなる
・バックアップが取れない
・ボロボロになる
・修正しにくい

週予定や年間行事予定表を教務必携に貼り付けている先生をよく見かけます。

しかし、1年の後半になるにつれて教務必携が肥大化していますね笑

また、当たり前ですが紙の教務必携はバックアップが取れません。

汚れたり、破れたり、なくしたりしたら終了です。

失くさなくてもほぼ毎日持ち運ぶのでボロボロになってしまいますよね・・・

ほとんどの先生は鉛筆やシャーペンで記入していると思いますが、消しゴムを使ったりと修正が大変です。。

デジタル教務必携

続いて、デジタル教務必携について見ていきましょう。

まずはメリットから。

メリット

・写真の貼り付けが楽、かさばらない
・バックアップが取れる
・修正しやすい

PDFデータなので、写真の貼り付けが簡単で、いくら貼り付けても分厚くなったり、(物理的に)重くなることはないです。

また、バックアップも簡単にとることができるので、万が一に対応できます。

修正するにも、手書きアプリを使えば簡単にできます。
文字を消すのも簡単

続いてデメリット。

デメリット

・販売されているものが少ない
・情報漏洩の危険性がある

私は、以前自分で教務必携を作っていましたが、とても大変でした。。

ようやくICTeacherというショップを見つけましたが、今のところ他で販売されていないと思います。

また、デジタルにつきものなのが情報漏洩ですね。

iPadはサンドボックス機構というセキュリティ対策があるので、基本大丈夫です。

しかし、USBにバックアップして失くしてしまうなど、個人の過失はあり得ます。。

iPadがあるならデジタル

どちらもメリットとデメリットがありますが、もしすでにiPadをお持ちであるならばデジタルをオススメします。

iPadに教務必携を入れることで、教科書、教材研究、教務必携がiPad1台で完結します。

時数集計表も入れることで業務の大半がiPadで済んでしまいます。

よりスマートに仕事ができるので、私のおすすめはデジタルです!

デジタル教務必携って何?
【iPad活用】手書きアプリ用 教務必携PDF使ってみた【教員】以前の記事でもご紹介した、デジタル教務必携を詳しく説明したいと思います。 デジタル教務必携 今回ご紹介するデジタル教務必携は、ICT...
Numbersポップアップメニューの設定方法
【Numbers】iPadで時数集計表を使おう!【無料アプリ】皆さんは時数集計はExcelで計算しているでしょうか? 私はしていません!笑 代わりにiPadのNumbersを使って集計し...