fbpx
Lifestyle

3大キャリアの格安プランと楽天モバイルを比較してみた

4社格安プラン比較

2021年1月13日にauが新料金プラン「povo」を発表し、3大キャリア格安プランが出そろいました。

ここで改めて3社の格安プランと、第4のキャリア楽天モバイルを比較してみたいと思います。

【2021/02/24 追記】
「LINEMO」「UN-LIMIT VI」について追記しました。



各社料金プランの概要

今回、auが「povo」という新料金プランを発表しました。

docomo『ahamo
au『povo
softbank『LINEMO

ここに楽天モバイルの『UN-LIMIT』を加えて、4社の料金プランを比較していきます。

料金プランの比較

では詳しく4社の料金プランの内容を比較していきましょう。
わかりやすいように社名で比較をしていきます。

docomo
au
softbank
楽天
月額料金
(税別)
2,980円 2,480円 2,480円 0〜
2,980円
データ
容量
20GB 20GB 20GB 1GB〜
無制限
(5GB)
通話
オプション
5分以内
かけ放題
+500円
5分かけ放題
+500円
5分かけ放題
無料

専用アプリ経由
+1,000円
かけ放題
+1,500円
かけ放題
+1,500円
かけ放題
 

テザリング

 

20GB 20GB 20GB 無制限
エリア外5GB
eSIM
対応
未定
手続き
ネットのみ
ネットのみ
ネット/LINE
店舗/ネット

料金比較

まずは料金の比較ですが、auとsoftbankが2,480円でdocomoと楽天(20GB以上)は2,980円です。

ただし、auとsoftbankは5分以内の無料通話がないので、5分かけ放題オプションを追加すると3社とも2,980円となります。

また楽天モバイルは段階的な料金設定を導入し、以下の図のようになっています。楽天モバイル料金したがって、20GBまでのデータ通信であれば 楽天モバイルは通話し放題込みで1,980円と最安になります。

※さらに楽天モバイルは300万人限定で1年間基本料金無料となっています。
(現在、250万人を突破したようです。)



データ容量

3大キャリアは月20GBで、楽天モバイルは楽天エリア内が無制限、パートナー回線が5GBとなっています。

データ容量追加

月のデータ容量を使い切ってしまった場合は、下記の料金でデータ追加が可能です。

docomo
au
softbank
楽天
1GB
追加料金
500円 500円 500円 500円
エリア外

データ容量終了後は

3大キャリアのデータ容量が終わった後は、各社とも1Mbpsに制限されます。

楽天モバイルのエリア外通信も同様で、5GB終了後は1Mbpsに制限されます。

auは200円で24時間使い放題に

Povotoppingauは今後多数のオプションを展開予定で、そのうちの一つに200円で24時間データ容量無制限にできるオプションがあるようです。

そのほか、動画サービスの見放題やSNS使い放題のオプションも用意されるようです。

通話料金

auとsoftbankはかけ放題オプションがないと22円/30秒かかります。

楽天モバイルは専用アプリ経由でかけ放題となります。

テザリング

テザリング
※docomoより引用

テザリングについては、各社追加料金なしで利用可能とのことです。

もちろん、月のデータ容量内での範囲となります。

楽天モバイルは無制限ですが、1日10GBという制限があります。

eSIM・手続き

eSIMとは、SIMカードを刺さなくてもスマホだけで契約ができるもので、すぐに開通が可能です。

docomoのみ公式発表がなく、対応未定です。

また手続きについては、コスト削減のため3大キャリアはネットでのみ契約が可能です。

その他

表には載せなかったもので以下のような特徴がありました。

キャリアメールは全社非対応

最近ではgmailなどのメールサービスが一般化し、キャリアメール(@docomo.ne.jpなど)の利用が減少していることもあり、全社でキャリアメールを廃止しています。

全社5G対応

また、次世代通信規格の5Gは全社対応(予定)で、最新スマホでも契約が可能になるようです。

softbankはLINEし放題

SoftbankLINEsoftbankはLINEと連携し、LINEによるデータ消費をカウントしません

したがって、いくらLINE通話してもデータ容量は減らないのですが、あまりLINE通話しない人にとっては魅力が薄いかもしれません。

3大キャリア契約者はプラン変更を検討すべし

3社とも3月から提供開始となる新料金プラン。

現在、無制限プランや大容量プランでデータ容量が余っているという方はプランの変更を検討されるのが良いでしょう。

ただし、キャリアメール不可、手続きがオンラインのみ、通話料金形態の変化などがあるため、ご自身の使い方と合うか検討が必要です。

楽天モバイルの1年間無料は魅力的

UN LIMITV3大キャリア共に3,000円以下の新料金が出揃い、それぞれ魅力があります。

しかし楽天の1年間無料キャンペーンは群を抜いてインパクトが大きいと思います。

さらに段階的な料金設定が追加されたので、データ通信量が少ない人は楽天モバイルが良いでしょう。

私はauと楽天モバイルを契約し、楽天モバイルをeSIMでiPhoneに登録しています。

データ容量がなくなったときだけ楽天モバイルで通信をすることで、追加料金なしで使用できる仕組みです。

残り50万人を切ったとのことなので、お試しで使いたい方は早めに契約することをおすすめします。

新規契約で最大24,999ポイント
1GB以下なら月額0円
解約手数料なし
国内通話放題

まとめ

いかがでしたか?

最後に、全社のプランを簡単にまとめて終わりたいと思います。

各プランの要約

docomo
eSIM対応未定
5分電話かけ放題
3大キャリア初の格安プラン

au
オプション多数あり
+500円で5分かけ放題
200円で24時間データ無制限

softbank
LINE使い放題
+500円で5分かけ放題
オプション少なくシンプル

楽天モバイル
1年間無料
20GB以下最安1,980円
通話・データ通信無制限



Img rakuten hand heading 04 pc png