Apple

【レビュー】Apple Watch Series 6の進化ポイントとは?

9月18日にApple Watch Series 6が発売されました。

私はSeries 5を持っているにもかかわらず、Series 6に買い換えました。

今回は、Series 6の使用レビューと進化ポイントの重点をご紹介していきます。

AppleWatchBestApps
【2020年版】Apple Watchおすすめアプリ15選【Series 6対応】SNSへのシェアは上のボタンからお願いします! AppleWatchを5年使ってきた筆者が、厳選した本当に使えるAppleWatch用...

Series 6の新機能

まずは、Series 6で進化したものをご紹介していきます。

血中酸素濃度測定機能

Apple watch series 6 Aluminum blue case blood oxygen animation 09152020Series 6の目玉機能が「血中酸素濃度測定」です。

新しい血中酸素濃度測定用の赤色LEDを搭載することで実現しました。Apple watch series 6 sensor 09152020
これにより、呼吸器系に関する健康状態も管理できるようになり、ますますヘルスケアデバイスとして活躍できます。

常時計測高度計

Apple watch series 6 aluminum red case altimeter 09152020Series 5以前のモデルにも高度計は搭載されており、ワークアウト時に(基準点から)どの程度上昇したかなどの記録が可能でした。

Series 6では常時計測高度計が搭載され、現在の高度を表示することが可能になりました。

S6チップ搭載

Apple watch series 6 Aluminum blue case close up 09152020Series 6は、iPhone 11に搭載されているA13 Bionicをベースにした新しいデュアルコアプロセッサを採用し、Series 5と比べて最大20パーセント高速化されています。

Series 5も十分高速でストレスはありませんでしたが、長く使いたいのであれば最新のチップの方が良いでしょう。

ちなみに、Series 4のS4チップとSeries 5のS5チップはほぼ同等の性能と言われていますので、Series 4との性能差もほぼ20%アップと思ってください。

常時表示ディスプレイの明るさ向上

Series5vs6明るさ(左がSeries 5、右がSeries 6)

Series 6でも常時表示ディスプレイを搭載していますが、Series 5に比べ2.5倍明るくなっているそうです。

また、WatchOS 6では常時表示中に画面をタッチすると画面が点灯するだけでした。

それがWatchOS 7の機能として、常時表示中にコンプリケーションをタッチすることで対象アプリを開くことが可能になっています。
(通知センター等も1タッチで表示可能)

1タッチ少なく操作が可能になるため常時表示ディスプレイの明るさはプラスとなるでしょう。

充電速度20%向上

公式ホームページ上では大きく扱われていませんが、充電速度が20%向上しました。

WatchOS 7で睡眠分析機能も追加されたことで、朝や寝る前の短時間での充電が求められるようになります。

別記事にて充電速度の検証を行う予定です。

U1チップ搭載

iPhone 11Proで搭載されたU1チップ(UWB対応チップ)がSeries 6にも搭載されます。

これにより、Series 6でCarKeyを使用する際に違いが出てくると思われます。

同じく、iPhoneの「探す」アプリでApple Watchを探す際にも精度の差が出てくるかもしれません。
(AirTagに関連してアップデートされそう)

Series 6のレビュー

ここからは少し辛口で、Series 6を使ってみた感想を述べていきたいと思います。

見た目の違い

Series4、Series5からの1番の変更点は心拍センサー用のLEDです。
Series5vsseries6(左がSeries 6、右がSeries 5)

Series 4でLEDが1箇所にまとめられましたが、Series 6では血中酸素濃度測定用に赤色LEDが追加され、4箇所に分散されています。
Series6 24つの黒いカメラのようなものが受光部だと思われます。

その他見た目の変更点はありません。

ソロループバンド

Apple watch series 6 aluminum blue case 09152020Series 6の発表と同時にソロループバンドが発表になりました。

バックル等がないため、バンドを伸ばして装着します。

血中酸素濃度は測定ミス多発

Series6 1すでに何人ものレビュワーが報じているように、血中酸素濃度測定機能は非常にシビアです。

測定時の注意書きとして、「手首をテーブルや膝の上に置く」よう指示されます。

少しでも動くと測定できませんし、バンドが緩くてもきつくても測定できません。

30分ごとにバックグラウンドで測定する設定ですが、日中は動いているためほぼ測定できていないようでした。

睡眠中はそれなりに測定できているので、睡眠時無呼吸症候群などの検出には有効かもしれません。

精度については比較対象がないので検証できておりません。

常時表示ディスプレイの変化は微妙

常時表示ディスプレイが2.5倍明るくなったとのことですが、ほとんど差を感じることはできませんでした。Series5vs6明るさ(左がSeries 5、右がSeries 6)

バッテリー持ち向上

常時表示ディスプレイの明るさ向上のためバッテリー持ちが向上したのか、Series 5が1年前のものでバッテリーがヘタっていたからか(最大容量93%でした)、バッテリー持ちが良くなったように感じました

【9月22日追記】
iFixitのレポートによると、AppleWatch Series 6はSeires 5に比べて最大8.5%バッテリー容量が増加したとのことです。
Series 6iFixit(画像:iFixitより)

まとめ

Apple WatchはiPhone以上に伸びるデバイスだと思いますし、命に関わる健康状態の変化も記録できます。

それでいてiPhoneの半額以下の値段です。

iPhoneを廉価モデルにしてでも、Apple Watchは最新モデルを使いたい、そんなふうに思います。

AppleWatchおすすめ文字盤カスタマイズ
【2020年】Apple Watchおすすめ文字盤カスタマイズ【Series 6対応】現在のAppleWatchには全41種類の文字盤が用意されています。(Series4以降) さらに、文字盤に表示するアプリ(コンプリケ...