fbpx
iPhone

【eSIM】IIJmioなら1GB450円で追加できる【登録方法】

IIJmioのeSIMなら1GB450円!

月末になると、通信制限がかかる人が続出します。

私もその一人なのですが、ひどい時には15日ごろに通信制限を食らいます(20GBプラン)

どうしても我慢できない時には、キャリアから追加購入するのですが、1GBで約1000円とお高いですよね・・・

今回、ご紹介する方法はキャリアを変えたりSIMを交換することなく、450円で1GBを追加できる方法です!

もちろん、2GB以上も1GBあたり450円で購入できます!

でも設定方法が難しいんでしょ…

という方に向けて、一つずつ手順も説明していますので安心してください!

キャリアは高い!IIJmioは安い!

多くの方はキャリア(au,docomo,softbank)を使用していると思います。

3社はどこも1GBあたり1000円ほどで追加購入できます。

しかし、20GBで5000円ほどのプランなのに、1GB1000円はどう考えてもおかしいですよね・・・

そこで、1GB450円で追加できるIIJmioのeSIMプランをご紹介します。

IIJmioのeSIMを使う

Iijmiodataplanzero
皆さんのスマホにはSIMカードというものが入っており、その情報をもとに通信をしているのですが、実はそのカードがなくても通信する方法があるのです。

それが、eSIMというものです。

eSIMとはSIMカードを入れなくても、契約情報をスマホに登録するだけで通信や電話ができるというものです。

このeSIMの何がすごいかというと、例えばdocomoでスマホを購入し、docomoのSIMカードが入っているとします。

普通であれば、このSIMカードを交換しないと他の回線には接続できません。
SIMCardしかし、eSIMであればdocomoのSIMカードを入れたまま他の回線を使うことができるのです。

これには、カードを交換しなくても良いというメリットの他に、電話番号はそのまま使用できるというメリットもあります!

回線速度

格安SIMで気になるのが回線速度ですが、混雑が予想される昼過ぎに速度測定をしてみました。
IIJmio速度画像から分かる通り、時刻は13時すぎ、回線はdocomoの4G回線です。

20MbpsあればYouTubeで最高画質(4K)再生が可能であると言われています。

一方、IIJmioの回線速度は73.4Mbpsです。

測定場所は片田舎なので、都会での速度とは異なると思いますが、非常に高速であることがわかります。

eSIM利用の流れ

まずは簡単にiPhoneでeSIMを利用する方法をご紹介したいと思います。

①IIJmioで0ギガeSIMサービスに契約

②iPhoneの「設定」からeSIMを登録

以上です。

非常に簡略化してしまいましたが、実際にとても簡単で、初めての登録でも5分で使用可能になります!

一度登録すれば、その後はIIJmioのページで必要なギガを購入するだけで済みます。

なお、5月31日までは、初期登録費用3,000円が無料になるキャンペーンをしています!

具体的なeSIM登録方法

ここからは具体的にどのように登録をするのかを紹介していきます。

IIJmioでeSIMの登録

まずは、IIJmioのページにアクセス

そして、一番下の「ご購入・お申し込みはこちら」をタップします。
IIJmio申し込みボタンすると、「0ギガeSIMサービス」か「6ギガ〜eSIMベータ版」を選ぶことができると思います。
Iijmio申し込み0今回は、1GBだけ追加したいので上の「0ギガeSIMサービス」を選択します。

月額150円+最初の1GBは300円なので実質450円で1GBが追加できるプランです。

そして、注意事項の確認があります。
IIJmio申し込み1クレジットカードでしか登録ができません。

続いて、初めて登録される方は上の「事前支払いをしたものはない」を選んでください。
IIJmio申し込み2そして、契約するだけでは通信量がゼロなので、同時に通信量を購入します。
IIJmio申し込み3IIJmio申し込み4IIJmioでは1GBを1クーポンと表しています。
IIJmio申し込み5最初の1GBのみ、基本料金の150円があるので300円で購入できます。

以降、1GBごとに450円で購入できます。

その後、オプションでカフェなどで使えるWi-Fiプランなどの選択ができます。
IIJmio申し込み6最後に、契約の内容確認やメールアドレスの登録があります。
IIJmio申し込み7IIJmio申し込み8この後の「みまもりパック」などのオプションはいらないと思います。

重要説明事項に同意してメールアドレスの登録をします。
IIJmio申し込み9ここで登録したメールアドレスに、認証番号やeSIMの登録情報が届きますので、間違えないように登録しましょう!

できれば、パソコンやタブレットなどでも使えるアドレスだと後ほど便利です。

この後にクレジットカードの登録などを行うと、手続きが完了し、メールが届きます。

実際のメールが以下の画像
IIJmio登録完了メールこのメール内のリンクにアクセスすると、eSIMを登録するためのQRコードや認証番号などが表示されます。

この画面を印刷するか、パソコンなどで表示できるとQRコードで一気に登録できるので非常に便利です!

iPhoneにeSIMを登録

続いては、IIJmioで登録した情報をiPhoneに登録していきます。

まずは「設定」アプリの「モバイル通信」をタップします。
IIJmio設定1そして、一番下の「モバイル通信プランを追加」をタップします。
IIJmio設定2すると、カメラが起動し、QRコードを読み取ることができるようになります。
IIJmio設定3ここで、先ほどのQRコードを読み取りましょう。

QRコードの読み取りができない場合は、下にある「詳細情報を手動で入力」から、契約番号などを手入力してください。

完了すると、次のような画面が表示されますので、「続ける」をタップします。
IIJmio設定4ちなみに、ここで回線の名前をつけられます。私は「モバイルデータ通信」にしました。

「IIJmio」など、わかりやすい名前をつけるといいと思います。

「モバイル通信プランを追加」をタップ
IIJmio設定5続いてデフォルトの回線を決めます。

電話やSMSで使う回線なので、キャリアなどの回線(主回線)を選びましょう
IIJmio設定6続いては、FaceTimeなどのモバイル通信を必要とするアプリの回線の選択です。

これはキャリアの主回線でも、IIJmio回線でも問題ありません。
IIJmio設定7そして、最後にモバイル通信の優先回線を選択します。
IIJmio設定8キャリアの主回線のデータを使いたくなければ、IIJmioのデータeSIM(下)を選択しましょう。

基本はキャリアの主回線で、速度制限時だけeSIMにしたい人は、主回線(上)を選択して一番下の「モバイルデータ通信の切替を許可」をオンにしておきましょう。

登録完了

これで、全ての作業が終了です。

登録が完了すると、すぐに左上のアンテナ表示が変わると思います。
ESIMアンテナ表示アンテナの下に2つ目のアンテナが表示され、今までキャリア名だったところが「IIJ」になりました。

これで、データ通信はIIJmioのeSIMに切り替わっています。

ちなみに、コントロールセンターを開くと以下のような感じ。
ESIMアンテナ表示2

最後に

最後になりますが、実はeSIMは対応機種でしか使うことができません。

iPhoneであればXS、XR以降が対応機種となります。

IIJmioのページでも対応機種かどうか確認できますので、まずは以下のリンクから機種検索をしてみてください。

ちなみに、今回は選択しなかった「6ギガ〜eSIMベータ版」を選択すると、以下のようなプランも選べます。

eSIMプラン一覧

キャリアの契約が、通信量によって料金が変わるプランの人は eSIMを契約して、データ通信の基本をこちらにすると通信量が安くなります!