iPad

本や資料をPDF化、iPadに取り込んで読む・書く方法【自炊】

本や資料をPDF化、iPadに取り込んで読む・書き込む方法【自炊】

漫画・文庫などの本から、会議の資料まであなたの身の回りには紙が溢れていませんか?

書類の山

そんな紙をすべてiPadに取り込んでしまうことができたらどれだけスッキリすることでしょう・・・

今回は、紙媒体の本や資料をデジタル化する方法をご紹介します。

通称 “自炊”

イラストや電子書籍

紙媒体の本を自分で電子書籍化することを“自炊”といいます。

今回は本だけではなく、机の上にたまった資料たちも同じ要領でデジタル化してしまおうというものになります!

本・資料をデジタル化するメリット

本や資料をデジタル化(PDF化)することで以下のようなメリットがあります。

メリット

省スペース化
探したいものがすぐに見つかる
本にも気兼ねなく書き込みができる
持ち運びが楽に
様々なデバイスで共有できる

まずは、山積みになっている状態がスッキリと片付くのが大きなメリットでしょう。

そして、山積み状態でどこに何があるかわからなかったものが、PDF化することで整理され、タイトル検索などから1発で見つけたいものが見つけられるようになります。

また、データ化することで重さや量に縛られることがなくなり、一度に何万冊という本ですら持ち運べるようになります。さらに、クラウドサービスなどを用いることで面倒な移行作業なしにパソコン、スマホ、タブレットなど様々なデバイスから閲覧可能になります。

本・資料をデジタル化するデメリット

もちろん、デメリットだってあります。
しっかりとデメリットについても理解した上で、作業に移りましょう。

デメリット

本は裁断され元には戻らない
スキャンする手間がかかる
デバイスによって利便性は左右される

書籍の自炊でいちばんのデメリットは、スキャンする際に本を切る必要があるということです。本が好きな人にとって、本を切ってしまうのは苦渋の選択となるでしょう。。。

本を開いたままスキャンできるスキャナーもありますが、手間がかかることとスキャン精度があまり良くないのでお勧めできません。

この後にも説明がありますが、デジタル化にはいくつかの手間があり、量によっては莫大な時間が必要になります。

また、使用するデバイスによっては書籍が読みづらいといったこともあります。
スマホでも電子書籍は読めますが、iPadなどのタブレットを用意しましょう。

デジタル化の手順

早速ですが、大まかな手順を紹介します。

①本は糊付け部分を裁断してバラバラにする
②スキャナーでPDFに変換する
③PDFビューワーアプリに保存する

以上3つの段階があります!

書籍の裁断

本の場合には、製本されているため背表紙部分を切らなくてはなりません

カッターで何度も切っていくこともできますが、ページごとにサイズが変わってしまいスキャンに失敗する確率が高くなります。

やや高価ではありますが、裁断機を使用しましょう。
もしもたくさん使用する予定があるならば購入すると良いでしょう。

以下の裁断機がオススメです。

1回しか使わないのに買うのはもったいない、という方には以下のような裁断機のレンタルサービスをおすすめします。

スキャナーで読み取る

私はEPSONDS-570Wというスキャナーを使っています。

他ではScanSnapが有名ですね。以前はiX500を使っていましたが、スキャン速度の速さやWiFi環境なしでもiPadに取り込める便利さからDS-570Wにしました。

その後、ScanSnapからiX1500が発売され、iX500での課題点が改善されましたのでどちらもオススメです。

スキャナーのレンタルサービスもあります。

DS-570Wの場合

裁断した書籍や資料をスキャナーにセットします。
スキャナーに教科書をセット逆さですが、読み取る方向的にこの向きで正解です。
DS-570Wは毎分35枚読み取り可能です。文庫本であれば1冊3〜5分で終わります。

読み取りにはEPSONの公式アプリ「DocumentScan」というアプリを使います。
こちらのアプリを起動すると、以下のようになっており「スキャン」を選択すると詳細設定ができます。
DocumentScan1
DocumentScan2
PDF以外にもJPEGなどにも保存できます。解像度の選択やカラー選択もあります。
パソコン用にもソフトウェアが配信されており、そちらではより詳細な設定が可能です。

アプリの右下「スキャン」をタップすると自動的にスキャナーが読み取りを開始します。
最後の1枚をスキャンし終えると、続けてスキャンするか 終了して保存するかを選べます。

スキャンした書類はアプリ内に保存されるので、任意のアプリにコピーして使いましょう。
DocumentScan3

ビューワーアプリにコピーする

このままスキャナーアプリでも読めないことはないのですが、UIもイマイチですし、ブックマーク機能もありませんので他のアプリで読むことをおすすめします。

iPadにはあらかじめ「Books」というアプリがインストールされていますので、本を読む方にはそちらのアプリがおすすめです。

会議の資料で、書き込みもしたいということであれば手書きアプリ「Goodnotes 5」がおすすめです。
Goodnotes 5

最後に

自炊はあくまで個人的な利用に限ります。

著作権には十分注意して活用してください。

 

iPadデジタル教科書化
【教員】iPadをデジタル教科書にしよう【iPad活用】iPadを買ったけれどもっと便利に使う方法はないの?とお考えの先生へ 今回は、iPadを「デジタル教科書」の代わりに活用する方法を...